2018年 9月 19日 (水)

その60 食事中のスマホ 「こんなものいらない!?」(岩城元)

印刷

   街中の食堂のような店に入って夕食を一人で済ます。僕は最近、都合もあってそんな日が多い。

   同じように一人きりで夕食の人たちが結構いる。それはそれでいいのだけど、7~8割方の客は食事をしながらスマホをいじっている。いや、スマホをいじりながら、ついでに食事をしているといった感じさえする。

  • スマホを見ながらの食事。味はわかるの?
    スマホを見ながらの食事。味はわかるの?

スマホをいじりながらの食事はみっともない!

   若い女の子と男の子のカップルなのに食事中、それぞれがスマホをいじっている。会話がほとんどない。一緒にいて、何が楽しいの? そんな連中もよく見かける。

   「こんなものいらない!?」のその25で、「電車内のスマホ利用」を取り上げた。「周りにはなんの迷惑もかけていない。でも、この光景はどこか美しくない。異様でさえある」というのが、その理由だった。

   食事中のスマホも同じである。周りになんの迷惑もかけていないが、やはり美しくない。僕には、異様でさえある。

   テレビを見ながらの食事は、是か非かといった議論もある。確かに、これも美しくはない。でも、テレビの場合はちらちらと画面に目をやる程度で、スマホほどには画面に見入っているわけではないだろう。

   何人かでテレビを見ていれば、話のタネにもなる。まあ、目くじらを立てるほどではない。

   僕は食事の際の礼儀作法にうるさいほうではない。むしろ、結構いい加減である。たとえば、食事中、右手に持った箸で皿からおかずを取り、口に運ぶ際、反対側の左手を軽くその皿に添えたり、あるいは、皿を手で持ち上げたりといった上品なことはしていない。家族から「みっともない」と、しょっちゅう注意されている。

   そのような僕から見ても、スマホをいじりながらの食事はみっともない。美しくない。なぜ、そうなのか?

 

「食」への感謝が感じられない

   「TPO」という言葉がある。Time(時間)、Place(場所)、Occasion(出来事)の頭文字を取った和製英語で、時と場所、場合に応じて方法、態度、服装などを使い分けようといった意味だ。

   たとえば、真夏の海水浴場をスーツにネクタイ姿で歩いていたら変である。ここでは水着姿が合っている。反対に、会食の席に水着姿で現れたら、これも変である。食事とスマホの取り合わせも、僕には似たものに感じられる。

   生真面目なことも言わせてもらえるなら、食事をするということは、つまり、肉を食べたり、野菜を食べたりするのは、動物や植物の「命」をいただいているのである。自分の命を保持するために、他者の命を奪う。感謝の気持ちが必要なのに、スマホに見入りながらの食事からは、それがまったく感じられない。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中