2020年 9月 21日 (月)

山手線沿い住むなら「田端」が狙い目? 29駅の家賃相場ランキング

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   山手線29駅の家賃相場が安い駅ランキングで、下町情緒あふれる北区の「田端」が1位に輝いた。

   リクルート住まいカンパニー(東京都港区)が運営する不動産・住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が「山手線29駅の家賃相場が安い駅ランキング! 2018年版」を、2018年9月7日に発表。2位は西日暮里(荒川区)、3位の目白(豊島区)だった。

  • 田端周辺は下町情緒あふれる。谷中や日暮里も近い
    田端周辺は下町情緒あふれる。谷中や日暮里も近い
  • 田端周辺は下町情緒あふれる。谷中や日暮里も近い

豊島区、トップ10の半分を占める

   山手線29駅の家賃相場の安い駅ランキングで、首位に輝いたのは「田端」。SUUMOによると、都心を回遊する山手線のなかでは珍しく住宅地が目立ち、下町情緒が残る地域という。駅周辺に大きな繁華街はなく、単身者が夜遅くまで出歩く楽しみは少ないかもしれない。半面、ノスタルジックな雰囲気のあふれる商店街「田端銀座商店街」があり、ゆったり生活できる街といえそうだ。

   田端駅は山手線だけでなく、埼玉・大宮から東京を経由して横浜まで走る京浜東北線も利用できるので、アクセスもいい。また、隣駅で2位の西日暮里とは約700メートル、その向こうで7位にランクされる日暮里駅までも約1.3キロメートルと駅間距離が狭く、両駅とも徒歩圏内にある。

   西日暮里は、日暮里・舎人ライナーと東京メトロ千代田線、日暮里駅には京成電鉄、常磐線などが利用できるため、交通アクセスのよさは大きな利点といえそうだ。

   家賃相場の安い駅のトップ10は、別表のとおり。トップ3以下、4位が大塚(豊島区)。駒込(豊島区)と高田馬場(新宿区)が5位に入った。家賃が安い物件は、山手線の北側を走るエリアに多い傾向があるようで、トップ10のじつに半数を豊島区が占めた。

   11位には大崎(品川区、9.20万円)、12位に新大久保(新宿区、9.70万円)、13位が上野(台東区、9.76万円)。以下、五反田(品川区、9.80万円)、品川(港区、10.20万円)、目黒(品川区、10.45万円)、御徒町(台東区、10.60万円)、秋葉原(千代田区、10.75万円)と続き、19位は神田(千代田区、10.80万円)だった。

kaisha_20180907181214.jpg
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中