2018年 12月 10日 (月)

経営者トホホ...... 亡くなる際に最も残されて困るものが「会社」とは

印刷

   中小企業の後継者問題が深刻さを増すなか、会社経営者にはショックな調査結果が舞い込んできた。M&A仲介会社のストライクによると、「ご主人が亡くなる際に最も残されて困るものは?」の問いに、40歳以上の経営者の妻の34%が「経営する会社(会社の株式)」と答えた。

   家族と従業員の暮らしを支えるため、会社を経営するご主人は、楽しいこと、つらいこと、キツいこと、さまざまな出来事を乗り越え、会社経営に心血を注いできたのに、あまりに嘆かわしい結果に......。

  • 会社残すと困るって、そんなぁ……
    会社残すと困るって、そんなぁ……

相続問題が勃発 もめる「材料」になってしまう?

   ご主人が亡くなったことで、親族間で相続問題が勃発して、もめるケースはままある。実家や財産を「受け継ぐ」人が生前に決まっていないケースが少なくないが、たとえ決まっていたとしても、相続人同士の仲が悪かったり、不動産は土地や建物などは評価や処分が難しく面倒なので押し付け合いの原因になったりする。

   最近は、そこに親の介護が絡むから、話し合いもより困難を極めることに。会社経営もそんな相続時の「難題」の一つのようで、ストライクの調査からは、後継者問題などの「事業承継」が遺族の重荷になりかねないことがうかがえる。

   調査によると、「ご主人がなくなる際に残してほしいものは?」の問いに、じつに89.3%の経営者の妻が「現金・預金」と答えた。

   次いで「保険金」の64.1%、不動産(居住用)の49.5%、「有価証券(国債・上場株式、投資信託)」が15.5%、「経営する会社(会社の株式)」14.6%だった。

   「最も残してほしいものは?」の問いにも、52.4%が「現金・預金」と答えた。「保険金」「不動産(居住用)」がともに18.4%だった。

   妻をはじめ遺族にとって、「現金や預金」はわかりやすく、あまり手続きに時間がかかることもなく分けることができる。ご主人が亡くなった後の暮らしのために、すぐにでも使えるメリットは大きいようだ。

   半面、「ご主人が亡くなる際に残されて困るものは?」の問いに、「経営する会社(会社の株式)」と答えた経営者の妻は37.9%で、最多。次いで、「美術品・骨とう品」の18.4%、「不動産(賃貸用)」が8.7%だった。「特になし」も37.9%、「その他」は10.7%だった。

   また、「最も残されて困るものは?」は、「経営する会社(会社の株式)」が34.0%。「美術品・骨とう品」が11.7%。「特になし」が37.9%、「その他」も9.7%だった。

   なるほど、こられは分配しづらそうだ。資産の「価値感」が、相続を受ける人によって異なる場合があるからだ。事業承継は、お金はもちろん、手続きも面倒。後継者問題は心情的な迷いも生じるであろうから、なかなか決められない。ご主人が、そういったことの一切合切を残して亡くなったとしたら、遺族はイヤかも。そんな思いがにじんでいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中