2018年 12月 11日 (火)

「独身女性は子持ちの分まで残業しないとダメ?」ネットで炎上騒ぎ 専門家に聞いてみた

印刷

   「子持ちの女性が定時に帰った後の仕事を、独身者の私が毎日残業してこなしている」――。子どものいない女性は子持ちの人の分まで働かなくてはダメなのか、という投稿がインターネットで炎上ぎみになっている。

   女性の多い職場によくある軋轢(あつれき)だが、どうしたら気持よく働くことができるだろうか。J-CASTニュース会社ウォッチ編集部は、女性の働き方に詳しい専門家にアドバイスしてもらった。

  • 働く子持ち女性のサポートは……(写真はイメージ)
    働く子持ち女性のサポートは……(写真はイメージ)

どんなに忙しくても「私、子どもいるので」

   話題のきっかけになったのは、女性向けサイト「発言小町」(2018年6月12日付)に載った「独身者は子持ちの人の分まで働かなくてはダメなの?」と題する、メーカーで働く40代独身女性の投稿。こんな内容だ。

「同僚と2人のチームで仕事をしていますが、彼女は子持ちのため、基本残業せずに定時で帰ります。どれだけ忙しくても私が毎日残業するのが当たり前という態度。私は現在足を痛めて病院でリハビリが必要なのに、『私は子供がいるから』と一切関係なし。上司に相談しても『俺は知らん』で話になりません」

   ある日、あまりの痛みに定時に帰り病院に行くと、翌日、彼女から「仕事が終わっていない」と長時間嫌みを言われる有様。そのくせ、目上の人間と一緒の時は「子供がいますが、頑張ってま~す」とアピールで残業。上層部は「子どもがいる女性が輝ける会社を」という理想論が大好きなので、同僚の評価は高まる一方。堪忍袋の緒が切れた投稿者は「3年間頑張ったけど、もう限界。明日辞表を提出します」と結んでいる。

   この投稿には、独身女性から同情と共感の声が相次いだ。

「私もアラフォー独身ですが、子どもの関係で早退する人の穴を独身者がフォローするのは当然だと思っています。しかし、独身者に無理が効かない時にフォローが得られないのは納得いきません。『仕事は、子持ちだろうと独身だろうと同じだろう』と言って辞める行動を応援します。狡猾な同僚と無責任な上司は、自分たちがいかに独身者に依存していたか思い知る事でしょう」
「子持ちというだけで色々免除されすぎになりつつあると思いますね。子どもがいたら大変なのはわかるけど、なんかもういじめに近い」

   一方、子育て中の女性からは比較的冷静な意見が寄せられた。

「確かに子育て中となると、会社も今の時代、優遇せざるを得ないのはわかる気がします。そうしないと辞められるし、マスコミもうるさい。上司は上層部に文句を言われるのを恐れているのでしょう。私も復帰後は残業なしの時短を希望します」
「私は子持ちですが残業します。独身さんに仕事押し付けて当たり前とか思わないし、同僚に不都合があればフォローします。その人の仕事のスタンスと、独身とか子持ちとか関係ないから、サンプル一人で全国の働く主婦にケンカ売るのは勘弁していただきたい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中