2020年 1月 18日 (土)

SupershipHDが事業戦略発表会 攻めの「ハイブリッドスタートアップ」、その新たな1歩

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

世界を意識して「スタートアップ」する

   発表会では、事業構想大学院大学の学長で教授の田中理沙氏と、内閣府製作統括(科学技術・イノベーション担当)官付企画官の石井芳明氏を招き、森岡社長とパネルディスカッションも行われた。

大企業とスタートアップ企業が手を取り合って世界で活躍する未来(写真は、パネルディスカッションの模様)
大企業とスタートアップ企業が手を取り合って世界で活躍する未来(写真は、パネルディスカッションの模様)

   「日本の未来を拓くスタートアップエコシステムとは?」をテーマに、それぞれの考えが飛ぶ。時価総額10憶円を超える企業の半数がアメリカ、約2割が中国という現状に着目し、「世界へ出て行って成長するスタートアップをつくることは、政府の命題でもある」と石井氏。森岡氏は、「スタートアップの時点で、海外マーケットを意識した目線の高さを持つことが必要だ」と語った。

   両者に共通したのは、大企業とスタートアップ企業が手を取り合い世界で活躍することで、日本が豊かになる。そんな将来像だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中