2019年 7月 17日 (水)

ビットコインは10万円まで下がることはない そのワケを言おう!(ひろぴー)

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   ビットコイン「信者」がいる一方で、ビットコイン暴落説をずっと唱えている人がいます。

   ビットコインの急騰劇はまさしくチューリップバブルのようだと、「行って来い」の相場になるのではと考えている人も多いようです。

   しかし、彼らのほぼすべてが表面だけの知識しかなく、理論的におかしいことが多々あります。今回は現状、ビットコインの大暴落は考えづらいということを説明していきます。

  • ビットコイン相場は10万円までは下がらない
    ビットコイン相場は10万円までは下がらない

ビットコインの価格に重要なのは「マイニングコスト」

   ビットコインは、よく「金(ゴールド)と似ている」といわれています。それは、マイニング(採掘)によってビットコインが獲得できるからです。

   金の鉱山には採掘コストというものがあって、その価格を上回らなければ利益が出ないため閉山となってしまいます。しかし、世の中では装飾品以外にも電子機器などの多くで金が使われており、需要が絶えないために、金の価格は採掘コストを割り込むことは、ほぼありません。

   ビットコインも価値の保存や送金として日々使われており、その需要がゼロになることは考えづらいでしょう。

   そのため、ビットコインも金と同じように採掘コスト(=マイニングコスト)を割り込むことは考えづらいというロジックが成立します。

   では、ビットコインのマイニングコストはいくらでしょうか?

   これには、マイニングマシンの価格や採掘の難易度、ハッシュレート(マシンの計算力の測定単位で、hash/s=1秒間に1 ハッシュなどの単位で表される)など多くのことが影響します。すべてを説明すると難解になりますので、ざっくりと見ていきましょう。

   大手マイナー(採掘者)のF2Pool(ビットコインのマイニングで影響力のある有力なマイニングプール。マイニングプールとは、複数で協力してマイニングを行う集団をいう)によると、9月時点でのマイニングコストは最新マシンでは約43万円。型落ちのマシンでは128万円だと公表しました。

   ちなみに、マイナーの収益は、マイニングコストに経費を加算したものを、ビットコインの価格から差し引いたものになりますから、マイニングコストが安ければ安いほど利益になります。

   ビットコインのマイニングマシンとして有名な「S9」では50万円程度となっており、現在の価格でも十分に利益が出ていることがわかります。

   もちろん、これは中国の電気代(1~3円/kWh)が安い地域での価格ですので、日本などの電気代が高い地域ではマイニングコストが跳ね上がることになります。

   そう聞くと、2017年のビットコインは50万円以下で全員赤字だったのでは?と思うかもしれませんが、それは違います。

   ビットコインをマイニングする人が増えると、マイニング難易度という指標が上がり、優秀なマシンでないとビットコインを獲得することが難しくなります。

・ビットコインのマイニング難易度(2016年9月~2018年9月)

参考:blockchain.com
参考:blockchain.com

   これはゴールドラッシュの時には、誰でもつるはしとスコップで金を掘り当てることができたのに対して、今では金の採掘会社しか掘り当てることはできなくなっているのと同じです。

   ビットコインが登場した当初は、スマートフォンやPCでもマイニングが可能だったのです。しかし今ではマイニングマシンの開発が進み、競争は激化しています。そうすると、マイニングコストはますます上がる可能性があり、これがビットコイン価格の底上げにつながるのです。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中