2021年 5月 11日 (火)

高まる地政学リスクにドル円は? 走る國學院大に明治大、慶応大が追撃(FX大学対抗戦 SEASON3)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

決めたスタートダッシュ! 「売り」で仕掛ける(國學院大)

   先週(10月15日週)に続いて米ダウ平均や日経平均などの世界の株価指数の不安定さが目立つため、ドル円の戦略は戻り売りを狙う。しかし、クロス円(米ドル以外の外国通貨と日本円との通貨ペアのこと)下落の円買い、ドルストレート(米ドルがからんだ通貨ペアのこと)のドル買いで、ドル円相場は1ドル111円後半から112円後半でレンジを形成している。

   1ドル112.50円付近を売り、112.00円付近を買い戻すイメージ。

10月22日(月)
   1000通貨を、1ドル112.77円で売り、112.17円で買い戻し、600円の利益確定。
   プラス600円。

10月24日(水)
   1ドル112.45円で売り、112.57円で損切り。マイナス120円。その後、112.46円で売り、112.04円で買い戻して、420円で利益確定。この日は、プラス300円。

10月25日(木)
   この日は思惑がハズレ。1ドル112.24円で売り、112.40円で損切りし、マイナス160円。その後、再び112.27円で売りを仕掛けたが、112.42円で損切り。マイナス150円。
   合わせて、310円のマイナスだった。

10月26日(金)
   1ドル112.43円で売り、さらに112.40円で追加売りを発注。さらに112.37円、112.05円で追加売りした。現在、まだ保有している。

   来週からのドル円戦略も戻り売りで、レンジを下抜けしてブレイクするのであれば、保有していきたい。日足と週足チャートを見ると、ドル円のロングポジションが溜まっているように見えるので、相手の損切りを狙って下落するようであれば、「売り」で仕掛けていきたい。

   いっしょにFX大学対抗戦に参戦している他の大学から、「FXは短期でやるものですか?」との、質問があった。自分はFXをはじめたときから、ずうっとデイトレードで取引している。スキャルピングやスイングは資金効率も悪いと思うし、相場にはり付くのも長期保有も「面倒くさいな」と思っていたが、結局はどちらのトレードスタイルもチャートの見方は同じだった。

   長期(週足・日足チャート)、中期(4時間足・1時間足)、短期(15分足・5分足)のこの順に、チャートの流れを見ていくのはどのスタイルでもそのようだ。自分一人が建て玉を保有しても、レートは動かないので大多数が注目するポイント(トレンドライン、レジスタンスライン、サポートライン)を見ている。向こう側の人たちは、どこで損切りをするのだろう。ここで注文が増えそうだな、と意識しながらチャートに向き合っている。

前週からの損益 プラス590円
10月26日現在 1万1990円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中