2018年 11月 18日 (日)

事業の強みを社名に Bestエフォートが「ラストワンマイル」に変更

印刷

   ライフラインやITサービス、IoTなどをワンストップで提供するラストワンマイル事業を展開するBestエフォート(東京都豊島区)が2018年11月1日から、社名を「ラストワンマイル」に変更した。

   「ラストワンマイル」とは、主に通信業界や流通業界で使われる用語で、事業者と利用者を繋ぐ「最後の区間」を意味する。同社は18年2月から、ライフラインをはじめとする各種サービスを一元的に案内する、BtoBtoCおよびBtoBtoBモデル事業「ラストワンマイル」を提供。社名変更は、ラストワンマイル事業の認知度アップに加えて、同社の強みである「企業からエンドユーザーへの最後のリーチ=ラストワンマイル」をアピールするものとなる。

  • ユーザーとの「ラストワンマイル」を繋ぐ(画像はイメージ)
    ユーザーとの「ラストワンマイル」を繋ぐ(画像はイメージ)

グループ企業、7社を3社に

   社名変更に伴い、同社グループ企業であるBestエフォート東北、Bestパートナー、Bestライフソリューション、ITサポートと、今年子会社化したコール&システム、日本総合情報通信の全7社も3社に統合し、新体制へ移行。社名変更も変更した=別表参照

kaisha_20181106125625.jpg

   体制変更により、Bestエフォートは従来から提供している通信・電気などの自社事業と新規事業の開発を行い、自社コンテンツの拡大に注力。これまで7社で展開してきたラストワンマイル事業を統合・分割して、「ラストワンマイル」の統括のもと、法人向けと個人顧客向けの営業を強化することで事業の成長を促す。

kaisha_20181106125654.jpg
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中