2018年 11月 16日 (金)

その67 書店の「ブックカバーと袋」「こんなものいらない!?」(岩城元)

印刷

   書店で本を買うとき、いつも「要りません」を二度、言わないといけないのが、なんとも面倒くさい。でも、言わなきゃならない。

   店員「カバーをおつけしますか」

   僕「要りません」

   店員「手提げ用の袋は......」

   僕「要りません」

   なんとも、不毛である。

  • この本には本体(左)のほかに、カバー(中央と右)が2枚ついている。
    この本には本体(左)のほかに、カバー(中央と右)が2枚ついている。

本にはもともと立派なカバーがついているのに......

   書店のレジでは、この順序で尋ねられることが多い。こちらの意向は何も聞かないで、勝手に本をポリ袋かビニール袋に入れてしまう店もある。

   普通はカバーをつけない雑誌でも、袋には入ってくる。街の大きな書店だけではなく、駅の構内にある小さな書店でも、カバーと袋はついてくる。

   だが、僕は書店のカバーと袋は、両方とももらわないことにしている。

   だって、まずはカバーだけど、本にはそもそも立派なカバーがついている。「ジャケット」とも呼ぶそうだが、地味な表紙に比べると、カラフルで宣伝文句が入っていたりして、随分と派手なものもある。紙の質も立派である。カバーが2重になっている本さえある。そのうえ、なんで新しいカバーをつけてもらう必要があるのだろうか。

   もちろん、「カバーをつけてください」と言う客には、それなりの理由があるだろう。まず、本を汚したくない。次には電車の中で、自分が読んでいる本を他人に知られたくない。たとえば『髪がどんどん生えてくる』なんて本を、やや頭頂が寂しくなった人は堂々とは読みにくい。エロ本の類いも同じだろう。

   でも、それほどカバーが必要なら、自分で適当な紙を探してきてつけたらどうだろうか。僕はいつもそうしている。なのに、本を買うたびにレジでカバーをつけさせるなんて、紙のムダ遣い、そして原料となる紙パルプの浪費である。

NOカバー、NO袋はいいことずくめ

   もっとも、書店のカバーを収集している方もいるらしい。旅行の折にその地の書店のカバーを手に入れるのが楽しみのひとつだとか。そんな方たちは、申し訳ないけれど、資源節約のために趣味を変えていただけないだろうか。

   僕の記憶では、書店のカバーは随分昔からあったが、本を入れる手提げ用の袋はそんなに古くからではない。カバーよりも存在理由に乏しく、こんなものがなくても、自分のカバンかハンドバッグに本を入れれば済むことではないか。

   資源をふんだんに使える時代はとっくに過ぎ去ってしまっている。小さなことだけど、書店でカバーと袋をお断りすることから、資源の節約に挑んでみるのも、悪くはないはずである。

   書店にとっても、紙代は要らなくなるし、従業員の手間も省ける。NOカバー、NO袋はいいことずくめではないだろうか。(岩城元)

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中