2021年 1月 25日 (月)

ポーカーで1億7000万円を稼ぐ男の素顔 「僕はギャンブラーではない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

ポーカーと音楽の共通点?

   そして、こう続ける。

「僕はギャンブラーではありません。カジノゲームに興味があってカジノに行ったわけではなくポーカーとふれあって、それで予選を通過したから、大会に参加するためにカジノに行った。もしポーカーをやってなかったら、多分カジノにも行ってないでしょう」

   ギャンブルのイメージもあるポーカーだが、じつはアランさんが暮らす香港も、日本と同様に現金(リアルマネー)ではプレーできない。

「日本や香港のように、アミューズメントポーカーができる場所がなければ、ポーカーの成長にはつながらないんですよね。なので、アミューズメントポーカーができるところをつくって、皆さんにどうやってポーカーをやるのか教えて、トレーニングして、そこで成長した皆さんがマカオとか、いろいろな海外に行けるようになる。それがポーカーにとって、すごく大事だと思っています」

   そんな志の高いアランさんだが、もしポーカーのプロになってなかったら、どんな職業に就いたのだろう――。

   「音楽教師になっていたと思います」と即答。ポーカーをはじめる前は、バイオリンの先生だったという。

「音楽とポーカーには共通するところがあって、両方ともまず簡単なパターンの組み合わせと、創造的な部分を入れないといけないところ。音楽は創造的なものと考えられていますが、同時に強固なパターンに従ってもいます。ポーカーは強固なパターンですが、多くの創造性も求められます。したがって、どちらもパターン認識と創造性の組み合わせなのです」

   11月22~25日には、韓国・仁川のパラダイスシティで「Asia Open Poker Tour 2018 Korea」が開催される。

   アランさんは「(TOKYO大会では)たくさんの人に応援してもらって、そして優勝できてうれしいです。日本のプレーヤーのみなさんと、次の仁川大会でまたお会いできることを楽しみにしています」と、腕を撫す。

眼光鋭く...... (写真中央は、JOPTで優勝したアランさん)
眼光鋭く...... (写真中央は、JOPTで優勝したアランさん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中