2018年 12月 17日 (月)

これぞ貧乏性! 10万円の買い物より、10万円を失わずに済んだことの喜び(北条かや)

印刷

   久しぶりに、新宿でウィンドウショッピングをした。地下ショッピング街「サブナード」やアルタ、マルイなどをぶらぶらする。秋冬物のコートやマフラー、ブーツなどが、ところ狭しと並んでいる。

   どうも今季は、ロングコートが主流らしい。ビッグシルエットというか、細身のコートはあまり見かけない。それに合わせるよう、ブーツはショート丈が多いようだ。数年前まで流行していた細いヒールはあまり見かけない。

   道行く女性たちも、全体的にカジュアルな装いだ。GUやユニクロは、大勢の若者でごった返していた。

  • 10万円のハンドバッグは高すぎる!?(写真はイメージ)
    10万円のハンドバッグは高すぎる!?(写真はイメージ)

流行を知るには「スマホを捨てよ、街へ出よう」

   みんなおしゃれだなぁ。やはり流行を知るには、スマホを捨てよ、街へ出よということか。ネットショッピングばかりしていると、自分の閲覧履歴から「おすすめ商品」ばかり出てくる。勢い、好きなデザインばかりに目が行き、似合う服より好きな服を買ってしまう。いつの間にかトレンドから取り残され、クローゼットには、なんだか古いデザインの服ばかり......ということになりかねない。

   私のようにファッションセンスのない者は、特に注意が必要だ。たまにこうやって、最新のトレンドを確認しなければならない。

   新宿3丁目のマルイにも行ってみた。マイケル・コースという、最近勢いのあるブランドが目立っている。このブランドは通勤や通学に便利なA4サイズのトートバッグが4万円台から買えるので、若い女性に大人気だという。

   私は持っていないからよくわからないが、バッグが約5万円といえば、フェンディやシャネルより数十万円安いし、数年前まで流行していたサマンサタバサよりは、シンプルで大人っぽい。だから昨今の「シンプル・カジュアル好き」な若者に売れるのだろう。

   そういえば去年、自分の出身大学へ講演に行ったときも、マイケル・コースのバッグを持っている女子学生を何人か見た。私の時代はヴィトンやエルメスで通学している学生もいたが、今はほとんどいないらしい。

   それくらい「廉価」なブランドなら...... と、ハンドバッグを手に取った。シルバーのチェーンと、黒のキルティングレザーがかっこいい。

値段を見てびっくり「全然安くないぞ!!」

   「そちら、先日入荷したばかりの限定品で、大人気なんですよ」と、店員さん。

「ちょうど、こういうハンドバッグを探していたんです。素敵ですねぇ」

   確かにいいデザインだし、できれば欲しい。ただ、「絶対に欲しい!」というほどでもなかった。しかし店員さんに嫌な思いをさせたくないので、つい媚びる私である。

「ちなみに、おいくらですか?」
「9万8000円です」

   ヒィィィィィ!! 絶対に無理!!!

   いやほんと、10万円もするハンドバッグをぶら下げて街を闊歩する自信も、欲もないッス!!

   分不相応な高級品を手に取っちゃって、ホントすみません!!

   心中で嵐のような雄叫びをあげつつ、私は平静を装った。

「そうですか......やっぱり限定ものだとちょっとお高いんですね。他も見てみます。ありがとうございました」

   狼狽しつつも礼を言い、その場を立ち去る。

   人それぞれ価値観はあろうが、ハンドバッグに10万円は高すぎる。そりゃあ「自分にご褒美」と言えば買えない額ではないが......どうしても「欲しくない」のである。

   帰り道、つくづく考えた。これは「すっぱいブドウ」だろうか。本当は欲しいのに、手が出ないから「あんなものいらない!」と、思い込もうとしているのか?

   いや、違う。私は高いモノを買って、貯金残高が減るのが怖いのだ。

   ブランド物が好きな人は、それを手に入れる快楽が、金銭的な負担を上回るから買う。しかし、私はその逆だ。モノを手に入れることの快楽より、買わずにすんだ安心感のほうが嬉しいのである。

   今日も貯金残高を減らさずに生活できた。ホッとする。衝動買いしなくて、本当によかった。

   この安堵感が、私にとっては消費の快楽を上回る。「貧乏性」といわれればそれまでだが、貧乏性でもいいから、私は貯金を減らしたくない。10万のハンドバッグを手に入れるより、我慢するほうが「楽しい」。消費しないことが、私の消費なのだ!......

   ま、貧乏性ですね。店員さん、逃げるように去って本当にすみません!(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中