2018年 12月 18日 (火)

【企業分析バトル】M&Aで株価倍増!! 話題の若手社長率いる、あの会社(慶応大)

印刷

   シェアリングテクノロジーは、2017年8月3日に東証マザーズに上場したばかりの新興株である。

   主な事業としては、住まい関連トラブルの施工主と消費者をつなぐマッチングサイトを、多数運営をしている。複数のM&Aを繰り返して同社の株価は17年から倍以上に膨らんだ。そして、 社長はなんと33歳の超若手社長、引字圭佑氏。同社を2006年11月、大学在学中に創業した。

kaisha_20181204111444.jpg
  • 若き経営トップが率いるシェアリングテクノロジー(画像は、同社のホームページ)
    若き経営トップが率いるシェアリングテクノロジー(画像は、同社のホームページ)

進化するマッチングテクノロジー

   事業内容に関して、ウェブ事業(マッチングサイト)はさまざまな住宅トラブルなどに対応できる「街の便利屋」を中心とした、約3000社の企業と加盟店契約を交わしており、同社の運営サ イトに訪れたユーザーと、これらの加盟店とをマッチングさせる。2018年9月期の決算では売上高が約1.8倍に伸びていた。

   さらに次年度の決算予想は、さらに倍という試算。マッチングテクノロジーと新たなテクノロジーを融合させた新システム「Mover」を活用して、加盟店の各スタッフのリアルタイムスケジュールやGPS(全地球測位システム)を使用した位置情報を取得。コールセンターで即座に訪問日時を確定できるため、成約率の向上へ結びつけていく。

   加盟店にとっても、スケジュールと移動の効率化により、1日の作業件数が増え、売り上げが向上するメリットがある。来期の試算は、これが根拠となっている。また企業向けにもMoverを提供し、さらなる利益獲得を狙っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中