2018年 12月 11日 (火)

【企業分析バトル】大荒れの株式市場で選んだ「奉行シリーズ」の「OBC」その強みは?(國學院大)

印刷

   今月(2018年11月)になって一気に冷え込んできたが、株式市場も大寒波に襲われている。

   11月上旬は順調に回復を見せていた日経平均株価だが、8日に付けた高値を最後に大幅に下落。22日終値は2万2000円を割れている状態だ。こうした大荒れの株式市場の中で、力強い動きをしているのが、東証一部上場のオービックビジネスコンサルタント(OBC)だ。

  • 「奉行シリーズ」といえば、OBC(「オービックビジネスコンサルタント」のホームページから)
    「奉行シリーズ」といえば、OBC(「オービックビジネスコンサルタント」のホームページから)

実際の株価とバリュー面で評価、成長性は......

kaisha_20181204105223.jpg

   OBCは基幹業務システムの開発や販売を手がけている。基幹業務システムは、会社の規模を問わず必要なシステムで、これをパッケージ化。そのため、中小企業でも導入しやすい点に強みをもっている。

   また、働き方改革や業務の効率化が叫ばれる昨今、需要は非常に高い。ここ最近は「奉行クラウド」などを中心に、クラウド関連製品も受注が伸びているようで、さらなる成長が期待できるとみた。

   株価は11月22日終値が9420円。バリュー面をみると、PER(株価収益率)が38.35、PBR(株価純資産倍率)が3.19と若干の割高感が否めないが、同社が成長企業であることを忘れてはいけない。

   業績をみると、直近の3期は連続で増収増益と絶好調! 期待が高いほどPERは高くなる傾向が強いが、今期も増収増益を見込んでおり、これからもこの成長は持続していく可能性が高いと予想できる。

   PBRが3倍台であることが不安に思われるかもしれないが、同社は無借金経営で、財務面の健全性は非常に高くリスクは非常に低いとみる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中