2020年 11月 28日 (土)

【投資の着眼点】この株は上がるか、下がるのか? 「オプション」で読む方向性

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   株式投資を行う際、まず考えるのは「この株は上がるのか、それとも下がるのか」ということだ。

   上がると思えば買い、下がると思えば買っていた株を売却する。株式投資は株価の方向性の判断が欠かせない。そして思惑とは逆方向に、ある程度株価が動けば、損失を限定するために損切りをするのが一般的だ。

  • この株は上がるか、下がるのか?(写真は、東京証券取引所
    この株は上がるか、下がるのか?(写真は、東京証券取引所
  • この株は上がるか、下がるのか?(写真は、東京証券取引所

「権利」を買う、「権利」を売る

   そこで問題となるのは、最終的な株価の方向性が合っていても、短期的に逆方向に株価が動くと損切りを余儀なくされるということ。信用取引の場合、割高だと思った株を空売りしても、自分が売ってからもしばらく上がり続けるようなことがあれば、損切りをしないと破産しかねない。

   したがって、最終的に株価がどう動くかについての自信があっても、短期的な見通しに自信がないときは、通常の株式取引は高い確率で損切りに遭うリスクを伴う。

   しかし、最終的な値動きの方向性に自信があるときや、上昇か下落か自信はないが、近いうちに大きな値動きがありそうだというときに有利な投資がある。オプション取引だ。オプションにはさまざまな種類があるが、もっとも一般的な日経225オプションについて紹介したい。

   オプションは、「コール・オプション」と「プット・オプション」の2種類がある。「コール」は買う権利、「プット」は売る権利のことだ。具体的に見てみよう。

   「2019年1月限、権利行使価格2万2000円」と書かれたコール・オプションがあったとする。これが意味するのは、「2019年1月11日(第2金曜日)に2万2000円で日経225を買い付ける権利」だ。

   仮に、2019年1月11日に日経平均株価が2万5000円に上昇していたとしよう。このとき、先ほどのオプションは「2万2000円で買う権利」だから、日経225先物を2万2000円で買い、その直後に2万5000円で売却する(この作業は自動で行われる)。オプションの購入料が500円なら

25000 - 22000 - 500 = 2500(円)

が利益となる。

   では、2019年1月11日に日経平均株価が2万円に下落していた場合はどうなるのだろうか。これがオプション取引のおもしろい点で、オプションはあくまでも「権利」であるから、2万2000円で買う「義務」はない。したがって、保有していたオプションは無価値なものとして失効する。この場合、オプションの価格(プレミアム)である500円だけが損失となる。

   したがって、株価が上がると思えばコール・オプションを買えばいい。プット・オプションは決められた価格で売る権利だから、株価が下がる見通しのときに買うのが一般的だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中