2019年 6月 17日 (月)

リピーター呼ぶ歌って踊れる「応援上映」 まだある! 冷めぬクイーンブームの「秘密」(井津川倫子)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   世界中に熱狂の渦を巻き起こしている映画「ボヘミアン・ラプソディ」。日本では、2018年に公開された洋画の興行収入2位にまで浮上してきました!

   私の周りでも2回、3回と映画館に足を運ぶリピーターが続出。世界中で、封切りから日が経っても勢いが衰えないという「異常事態」が発生していますが、ある「ヒット企画」の影響と報道されています。

  • クイーンは世界を分断する「勢力」と、今なお闘っている!
    クイーンは世界を分断する「勢力」と、今なお闘っている!

「クイーン」紅白出場か!?

   日本では、すっかり「社会現象」になっている映画「ボヘミアン・ラプソディ」。新聞やテレビ、雑誌で特集が組まれたり、クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが紅白歌合戦に出演するとウワサになったりと、世代を超えた「お茶の間の話題」になりつつあります。

   この、興行収入や動員数が衰えない「異常事態」は、どうやら日本だけではなさそう。ある「ヒット企画」のおかげでリピーターが増えていることがその理由と報道されていました。

Sing-along screening boost ticket sales of 'Bohemian Rhapsody'
(観客が一緒に歌う上映が、「ボヘミアン・ラブソディ」のチケットセールスを押し上げている)
sing-along:歌の集い、一緒に歌う
boost:押し上げる、後押しする

   日本では、観客が一緒になって拍手をしたり、歌って踊ったり、コスプレを楽しめる「応援上映」が話題になっています。

   報道によると、とりわけアジアや南米で「応援上映」が人気を博しているとのこと。試しにGoogleで検索してみたら、韓国やフィリピンで「応援上演」に熱狂する人々のニュースがたくさんヒットしました。

   さらに、「全世界的な傾向」として、「『応援上映』は2回、3回と会場に足を運ぶ『言いわけ』に使える」と分析した記事もありました。確かに、ふだんは同じ映画を2回、3回と観ない人でも、「『応援上映』は別もの」と正当化しやすいかもしれません。

   「応援上映」の存在がリピーターを産みだし、興行成績をぐんぐんと押し上げる要因となっているようですが、私も「『応援上映』は別もの」の一人。年末年始にもう一度観ようと思っています。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中