2019年 1月 16日 (水)

外国人労働者、「雇用したい」55.3% 最低賃金割る企業の存在も

印刷

   2019年は、外国人労働者の受け入れが進むかもしれない。企業の人手不足の解消に資するとされる、改正出入国管理法が2018年12月8日、国会で成立した。そんな「期待」があってなのか、外国人労働者を「雇用したい」という企業は55.3%と半数を超えた。東京商工リサーチが「外国人雇用に関するアンケート」を、12月25日に発表した。

   ただ、この調査では外国人労働者の賃金が、現行の最低賃金を下回る水準で雇用されているケースが実際に存在するなどの問題を抱えていることもあぶり出した。

  • 政府は外国人労働者の受け入れを拡大したけれど……
    政府は外国人労働者の受け入れを拡大したけれど……

外国人労働者、「雇用している」製造業は4割超え

   調査によると、有効回答の1万353社のうち、「人手不足である」と回答した企業は7227社(構成比69.8%)と、約7割に達した。業種別でみると、建設業の83.8%、運輸業の81.1%が人手不足と答え、突出した。地域別では、北陸が8割(80.8%)を超えた。

   ただ、その中で外国人労働者を「雇用している」と回答した企業は全体で3134社(30.3%)どまり=別図参照。人手不足が深刻な建設業で「雇用している」と答えた企業も、19.8%にとどまっている。建設業は労働環境に加え、過重労働の問題なども背景にあるとみられる。また、「雇用している」の最多は、製造業の1232社(42.1%)と、4割を超えた。

外国人労働者を雇用している企業は、まだ3割ほど。
外国人労働者を雇用している企業は、まだ3割ほど。

   一方、外国人労働者を「雇用していない」は、6027社(58.2%)で6割弱を占めた。「雇用を検討している」と答えた企業は1192社(11.5%)だった。

   規模別でみると、大企業の57.3%が、また中小企業の58.3%が「雇用していない」と答えたが、ほとんど差はない。「雇用している」も、ともに30%台で差がなかった。

   外国人労働者を雇用している企業(3134社のうち、2887社が回答)に、雇用している外国人の職務について聞いたところ、最多は「生産工程・労務作業者(製造業)」で、1015社(35.1%)と3分の1を占めた。次いで、「専門的・技術的職業」が543社(18.8%)、「販売」が197社(6.8%)となっている。

   雇用している外国人労働者の国籍(延べ社数4721社が回答)は、最多は「中国」で1274社(26.9%)。次いで、「ベトナム」の1047社(22.1%)、「その他アジア」が652社(13.8%)と、アジア圏が全体の86.9%を占めた。次いで、南米の4.5%、欧州・ロシアが4.4%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中