2019年 7月 16日 (火)

おバカな店主に笑えない? 中小機構の「男前無計画経営者」動画が話題

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   中小企業基盤機構が、年明け早々にリリースした動画「男前無計画経営者」が、話題を呼んでいる。

   高級外車で市場に仕入に通う青果店の店主。石原裕次郎を気取り、パープルカラーのスリーピース姿で店先に立って若い主婦にメロンをまるごとサービス。前の晩の深酒で休業することもしばしば......。消費者の目にとまれば、「なに、これ」「全然、男前じゃない」「こんなことって......」と怪訝に思うような内容だ。

  • 中小機構の動画「男前無計画経営者」が話題だ
    中小機構の動画「男前無計画経営者」が話題だ

逆説的「男前」動画が伝えたいことは......

   「男前無計画経営者」は、2019年1月7日の公開。経済産業省所管の独立行政法人、中小企業基盤機構(中小機構)が、時代の変化でさまざまな問題が表面化してきた「融資慣行」を改善するために策定した「経営者保証ガイドライン」の周知と利用促進を目指して制作した。

   多くの中小企業にとって、金融機関からの融資は欠かせないものだが、企業が融資を受けるには、古くから慣行として経営者本人が連帯保証するなど「経営者保証」の提供が求められている。

   たとえば保証を提供した融資が返済不能となり、保証を履行するとなると経営者は資産を失う可能性があるが、一定の要件を満たすことを条件に救済する余地がある。その「物差し」が「経営者保証ガイドライン」だ。

   企業・経営者に求められる要件には、「会社と経営者個人の明確な区分・分離」「財務基盤の強化」「経営の透明性の確保」などで、これらを満たしていれば、新規融資や保証履行後にある程度の資産を残せる場合がある。

   「男前無計画経営者」動画は、中小企業の経営者らに、経営者保証ガイドラインの存在を伝えるのが狙い。無軌道な経営ぶりを誇張して描いてみせているが、ガイドラインを活用すれば、融資を受ける際に経営者保証が不要になる可能性があること。ガイドラインを活用するためには、経営改善を図る必要があることを表現した。

   つまり、「無茶苦茶な経営者では、せっかくの有利な融資を受けられるチャンスを逃してしまいますよ」というメッセージが込められており、それを強調した「逆説的」な展開が注目の的になっているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中