2019年 2月 23日 (土)

107円後半~108円後半のレンジ相場 慶大が「お試し手法」で1000円積み増し(FX大学対抗戦)

印刷

   週初めの2019年1月7日、米政府高官が米中通商協議について前向きな見方を示したことで、1ドル108円後半で揉み合っていたドル円相場は反転上昇。一時は109円台に乗せたが、上値は重くすぐに108円台に。9日に発表された12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で追加利上げに対して慎重な姿勢が示されたことを受けて、108円割れまで下落幅を拡大。翌10日には107.77円まで値を下げた。

   その後、米国債の利回りが上昇するなか、ドル円相場は108円台半ばまで反発したものの、ユーロ売りのドル買いが強まるなか、108円台前半から半ばにかけて小動きに展開した。

   早稲田大学はついつい欲が出て利益確保のタイミングを逃し、悔しい思い。明治大学は「ブレイク」の時を待つ。「NYボックス」という手法を試した慶應義塾大学が、1000円超のプラスを確保。一橋大学は試験期間に入ったことで、ひと休み。國學院大学も体調を崩したため、休養をとった。

  • 慶應大、新たな手法で成果
    慶應大、新たな手法で成果

欲が出て、利益確保のタイミング逃し......(早稲田大)

1月4日(金)

   米雇用統計の発表が市場予想を大幅に上回る結果となり、ドル円相場はすぐさま反応し、0.2円ほど円安が進んだ。このまま急速に円高が続くことを恐れて、保有していた売りポジションを、すべて決済してしまった。

   結果的にその後ドル円は大きく変動することはなくおよそ300円の損失を被る結果となってしまった。

1月7日(月)

   雇用統計がいい結果だったにもかかわらず、チャートがほとんど反応しなかったことを受けて、より円高ドル安が進むのではないかと予想。1ドル108.21円でショートをかける。

1月8日(火)

   米中貿易協議への期待を受けてドル円が上昇。米中協議の結果が出るまでポジションを持ち越したいが、このままでは含み損が許容範囲を超えてしまう危険性もあり、かなりつらい局面である。

1月9日(水)

   期末シーズンで学校の課題にいそしんでいたら、ショートポジションの含み損がいつの間にか1000円近くに......。損切りするかどうか大いに迷ったものの貿易協議の結果もあまり具体性にとんだ声明が出されることがなかったため、そのままに。

1月10日(木)

   ドル円は大きく下落し再度1ドル108円割れを起こす。一度は1ドル107.8円台まで割り込み含み益は500円を超えたが欲が出てしまい、利益確保のタイミングを逃してしまった。

   結局1ドル108.1円で決済。総資産は現在トータル1万754円となっている。

前週からの損益  マイナス92円
1月11日現在     1万754円

ロングで入る場所なく、ブレイクを待つ(明治大)

   予想どおり、前週の相場で國學院大学がひと儲けしたことは予想していたが、資金を倍にしていたのには驚いた。

1月8日(火)

   1ドル108.268円でロング、1ドル108.301円で決済。1ドル108.429円、1ドル108.447円、1ドル108.614円を、それぞれロングで買い。1ドル108.630円で決済し、67円のプラスとなった。

1月11日(金)

   今週は入りたいという場面が少なく、様子見に徹していた。前回、指標や発言のところで入ってしまって痛手を受けたので避けるようにすると、ますます入る場所が少なくなるがそれも仕方ないだろう。

   上値も重たく、かといってショートを仕掛けたいかといえばそうでもない。このレンジ相場も、昨年10月か11月のときもそうだったが、いずれブレイクのときがやってくるのでそこを狙っていきたい。

   月曜か火曜あたり怪しい気もするがいったいどうなるか。下にブレイクするなら前回反発した1ドル104円まで下支えするものがなく、下がった場合は注意が必要だ。逆にリスクオフ要因でもない限りは厳しいだろう、よくて1ドル110円いくかいかないかだろう。

   来週も自分のペースを守って、生き残っていきたい。

前週からの損益  プラス67円
1月11日現在   1万1468円

(中見出し)

「NYボックス」を試してみた!(慶應大)

   年明けから1週間ほどが経ったが、年末年始は忙しくチャートを確認する時間が取れなかった。しかし、1月3日朝に起きた1ドル108円台後半から1ドル104円台後半まで、400pips(1pips=0.01円、1銭)にも及ぶ急落は、動いた値幅とあまりにも短時間に起きた衝撃的なニュースだった。そのため、ドル円をチェックできていなかった私も、すぐに事の顛末を知り、年始早々相場の恐ろしさを再認識した。

1月9日(水)

   年末から年始まで冬休み期間であったため、さまざまな本を読む時間があり、本の一つに乗っていた「NYボックス」という手法を試してみた。

   この手法は簡単に説明すると取引量が少ない時間帯の高値と安値に注目し、一日で最も取引量が多くなる米ニューヨーク(NY)外国為替市場とユーロ市場が開く時間帯に、高値もしくは安値を15分足で更新したのを確認し(更新した側にトレンドが発生しやすい)、買いもしくは売りでポジションを持つというもの。

   1時45分頃に1ドル108.540円を「買い」でエントリーしたが、その後反発し2時20分頃に108.640円で損切りし1000円のマイナスであった。この手法はリバーサルトレードという一度ブレイクした後に反発した場合、そのあとの損切り後、すぐにそのトレンドに順張りする形で先ほどとは逆のポジションを持つという使い方があるのだが、今回は試しに使ってみたということもあり怖くて損切り後にさらにポジションを持つということはしなかった。

   今回は10pibsで損切りラインを何となく定めてみたが、トレード後の値動きを確認してみたところ思っていたよりは値動きが少なかったことから、ポジションを持った時の利益確定ラインと損切りラインの設定を直前の値動きやこの後の相場を動かす材料になりそうなものを見極めて設定することの大切さと難しさを実感した。

1月10日(木)

   夕方ごろ15分足でチャートを確認したところ下落トレンドの中MACDでダイバージェンスが確認できたため、17時ごろ1ドル107.894円で、買いポジションを持った。18時ごろ上に伸びる2本の陽線(始値に比べて終値が高かった場合を表す)を確認したため、1ドル108.126円で利益を確定。プラス2320円を手にした。

   108円を超えるかどうかの攻防が107円台後半で繰り広げられていたため、ダイバージェンス(ローソク足と相場の過熱感をみるオシレーター系指標の逆行現象で、トレンドの勢いが弱まっていることを示す)が示されていたとはいえ、どちらに転んでもおかしくはない状況だったため、結果的に運にも恵まれたようだ。

前週からの損益 プラス1320円
1月11日現在 1万1580.23円

今週は試験期間でお休み(一橋大)

   期末試験期間のため、取引を休んだ。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
1月11日現在        1万101円

休養に専念!(國學院大)

   今週は体調を崩して、取引できず。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
1月11日現在       3万Ⅰ030円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中