2021年 3月 8日 (月)

その74【中国編】「洗脳」する政府「こんなものいらない!?」(岩城元)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

国の現実にフタをする

   そう勘ぐりたくもなる。「社会主義核心価値観」は失礼ながら、僕から見て、民主、自由、平等、公正...... の実現には、まだ距離のあるこの国の現実にふたをして、国民を「洗脳」しようとするものではないのだろうか。

   ああ、イヤだねえ、一党独裁の国っていうのは...... と言ったら、日本のことにはかなり詳しい中国人の友人から「洗脳されているのは、むしろ日本人のほうでしょ?」と反撃された。

   彼によると、日本の報道を見聞きしていると、自由民主党並びに安倍晋三政権の暴走は目に余るものがある。国会を無視している。独裁政治みたいである。それなのに、国民はそれほど怒っているようには思えない。安倍政権のお先棒を担いでいるようなメディアもある。だから、安倍政権は国民を恐れていない、むしろ、一党独裁の習政権のほうが国民を恐れている。中国人は共産党に「洗脳」されているなんて、日本人には言われたくないとのことだった。

   中国人の友人の言い方が辛辣だったこともあって、ケンカになりそうだったが、「我々両国の国民はお互い、為政者に洗脳されないように気を付けようね」ということで、話をまとめたことだった。(岩城元)

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中