2019年 10月 24日 (木)

働く主婦の家計2019 「厳しくなる」「楽になる」の二極化 いったいなぜ? 専門家に聞いた

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年10月には消費増税が予定されているが、働く主婦の家計は、厳しくなる人と楽になる人の二極化が進みそうだ。

   主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイル(東京都新宿区)の調査機関「しゅふJOB総研」が2019年1月15日に発表した「2019年家計の予想」調査でわかった。

  • 働く主婦の家計は大変!(写真はイメージ)
    働く主婦の家計は大変!(写真はイメージ)

「消費増税と子どもの進学で苦しくなりそう」

   調査によると、2019年の家計は「ゆとりできそう」と予想する人がわずか14.0%。逆に、「苦しくなりそう」が6割近い55.7%となり、それぞれ前年調査より、2.1ポイント、6.8ポイント増えた=図表参照

2019年の家計はどうなるか
2019年の家計はどうなるか

   その分、「変化はなさそう」の昨年の39.2%から30.3%へと、8.9ポイントも減った。苦しくなりそうな人が大半だが、余裕のある人とない人の格差が広がりそうなのは、いったい、どういうわけだろうか。

家計予測の前年比較
家計予測の前年比較

   どうして家計が苦しくなりそうなのか。フリーコメントに寄せられた意見を見ると――。

「消費税増税となるうえ、学費がかかる」(40代:契約社員)
「子供にかかるお金が増えるのに収入が増えない」(40代:パート/アルバイト)
「小さな子にはたくさんの補助金が国からでるが、高校生、大学生を持つ家庭は、とにかく生活が苦しくなるばかり」(50代:その他)
「子供が大学に進学する」(40代:その他)

などと、消費増税や子どもの進学を理由にあげる人が非常に多かった。

   また、

「2人目の不妊治療を始めるため、すごくお金がかかる」(40代:SOHO/在宅ワーク)
「2人目を希望しているので、妊娠したら確実に火の車。でも子どもがほしい」(30代:パート/アルバイト)

などと、妊娠を理由にあげる人も目立った。このほか、

「仕事時間数が、少なくなるため」(40代:パート/アルバイト)
「夫が定年になる」(50代:派遣社員)
「介護にお金がかかる」(50代:パート/アルバイト)

などの理由もあげられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中