2020年 1月 26日 (日)

1ドル109円台のレンジ相場 開眼!? 一橋大が「寝ている間」にプラスを確保(FX大学対抗戦)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドル円相場は、ほぼ横バイで推移した。2019年1月21日発表の中国経済指標がはっきりしなかったことや国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長見通しを下方修正したこと、米国の12月の中古住宅販売件数が予想を下回ったことなどが重石となり、1ドル109円前半で推移。しかし、23日には米上院が政府機関の閉鎖解除に向けて法案を採決するとの報道が好感され、反発。高値で110.00円を付けた。

   ただ、その後も小刻みに動いたものの、110円台にのせることはなく、109円台半ばを中心としたレンジ相場となった。そうしたなか、早稲田大学は前週に大きく負けたショックもあってか、ここは慎重を期した。明治大学は「方針」を貫き、じっと我慢。慶応義塾大学は前週末の負けを23日に挽回し、ガッチリ。一橋大学は新たな手法を試してプラスを確保した。國學院大学は今週も取引を見送った。

  • 一橋大学、新たな手法で開眼か!?
    一橋大学、新たな手法で開眼か!?

前週の「大敗」が尾を引く(早稲田大)

1月23日(水)

   先週、大きな損失を出してしまい、結構ショックだ。とりあえず、毎日ドル円市場の様子を見てはいるが、忙しい期末テストの時期にわざわざストレスのタネを増やしたくないので、今週はトレードを控えたい。

   今後しっかりと挽回していくためにも、ここで相場概況をまとめて市場の状況把握に努めたい。

1月25日(金)

   前週初めくらいまで円高、円高と叫ばれていたドル円市場だが、ここ最近は絶賛ドル高基調に乗っかり始めている。1月19日に1ドル109.88円と、大暴落以降の最高値を記録。いまや1ドル110円を超えるか超えないかの攻防で市場は盛り上がりを見せている。

   明らかに今週は前週のレンジ幅を上回っているため1ドル110円突破も間近に迫ってきているのかもしれない。

   といっても、やはり米ドルに対しての不安要素は市場にあふれている事実も把握しておきたい。

   米朝問題は依然として出口が見えてはいないが、さらなる米朝協議による融和ムードの形成への期待感から、ある程度ドルが買い支えられている要因もあると考えている。

   そして、終わりの見えない中国と米国の貿易協議は、現状ではある程度、中国が歩み寄る姿勢を見せているようで、貿易問題に対して何らかの提案を行うはず。ただ、トランプ政権がそこでも強固な姿勢を見せ続ければ、ドル安にまた振れはじめるかな、と考えている。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
1月25日現在   8570円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中