2019年 11月 12日 (火)

その76【中国編】「お説教」が過ぎる注意書き「こんなものいらない!?」(岩城元)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「説教好き」は日本も同じ

「まもなく電車がまいります。安全のため、黄色い線の内側でお待ちください」
「少しでもすいているドアからお乗りください」
「駆け込み乗車はおやめください」「電車から離れてお歩きください」
「歩きスマホは大変危険です」
「エスカレーターは手すりにつかまり、黄色い線の内側にお乗りください。特にお子様連れの方はご注意ください」
「自動改札機はゆっくりお通りください」

   箸の上げ下ろしまでいちいち注意されている感じだ。「分かってるよ、そんなこと」と言いたくなる。

   中国も日本も、中身は違うものの、「お説教好き」「スローガン好き」という点では、似た者同士のようである。(岩城元)

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中