2020年 7月 12日 (日)

副業にいかが? 人工知能、ドローン、コスプレ...... 好きなテーマで選ぶ新感覚の株式投資

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「預金から投資へ」の大号令がかけられて久しいが、ようやく消費者目線の、新感覚の株式投資サービスが登場した。

   「人工知能(AI)」や「ドローン」、「コスプレ」など、好きなテーマを直感的に選んで株式投資ができる「FOLIO(フォリオ)」がそれ。テレビCMもはじまって、「これなら、気軽に資産づくりができるかも」と、話題になっている。

  • テーマで選ぶ新感覚!「FOLIO」で株式投資(写真はイメージ)
    テーマで選ぶ新感覚!「FOLIO」で株式投資(写真はイメージ)
  • テーマで選ぶ新感覚!「FOLIO」で株式投資(写真はイメージ)

取引手数料は業界最低水準、売買代金の0.5%

   「FOLIO」は、2018年8月に株式会社FOLIOがサービスを開始したテーマ型のオンライン株式投資サービス。スマートフォンのアプリで、たとえば「ドローン」や「VR(仮想現実)」、「e-Sport」などの約90のテーマの中から、自身の趣味や嗜好にあったテーマを選ぶだけ。テーマに含まれる企業は、資産運用会社や証券会社で豊かな経験があるプロが最終的に選定した有望企業10社で構成される。

   株式投資は通常100株単位(単元株制度)なので、たとえば10社の株を買おうとすると、平均200万円程度が必要になる。FOLIOは1株(単元未満株)からの購入を可能にすることで、10万円前後で10社の株への分散投資を実現した。

   それにより、価格変動リスクなどを比較的抑えた資産運用を可能にしたほか、テーマを選ぶ過程で、テーマと企業の関係性や、そのテーマが市場でどのような盛り上がりを見せているのかを知ることができる。

   「株式投資」というと多額のお金が必要だったり、株価下落による大幅な損失を懸念したり、投資をためらう人が少なくないが、少額で始められ、リスクも個別銘柄よりも相対的に抑えられるFOLIOは、これから株式投資を始めようとしている初心者に向いているかもしれない。

好きなテーマで選ぶ株式投資「FILIO」
好きなテーマで選ぶ株式投資「FOLIO」

   さらに株式相場が変動する中で、ユーザーのポートフォリオを適切なバランスに保つために、定期的に「リバランス」(銘柄や保有比率の調整)を提案するなど、サポートも充実。取引手数料は売買代金の0.5%(1銘柄当たりの最低手数料は税別50円)と、単元未満株の取引としては業界最低水準になる(2018年 FOLIO調べ)。

   プロフェッショナルで本格的な資産運用をすべて自動化した、いわゆる「ロボアドバイザー」と呼ばれるサービスの「おまかせ投資」も用意した。

   FOLIOの創業代表、甲斐真一郎氏は「FOLIOは、生活者に寄り添った結果、資産づくりをワクワクするショッピング感覚にし、『テーマ投資』というサービスができ上りました。FOLIOをきっかけに、これまで株式投資を敬遠していた方が『やってみようかな』と思っていただけると幸いです」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中