2021年 5月 8日 (土)

「求ム 県庁の星!」公務員試験を簡単にする府県が続々 民間企業から人材を奪えるか?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

鳥取県は「理系の学生」に活路を求める

   鳥取県は2018年から。京都府と同様に「併用型」だ。こちらは「大学卒程度」の行政職の1次試験を4つに分けている。

(1)一般コース=教養試験と専門試験を行なう。
(2)総合分野コース=教養試験はあるが専門試験がなく、代わりにエントリーシートに自己アピールを書く。
(3)キャリア総合コース=教養試験も専門試験もなく、代わりにエントリーシートに自己アピールを書く。
(4)環境コース=教養試験と専門試験を行なうが、専門試験の中に環境に関する問題を入れる(※環境行政の専門職向け)。

   小さな県で、全部で30人ほどしか採用しない行政職を、なぜこんなに細かく分けたのか。取材に応じた鳥取県人事委員会事務局の担当者は、

「うちも、民間志望の人も受けやすくして、幅広い人材を集めたいからです。そのため、キメ細かくコースを分けて募集することにしました。特に、(2)の総合分野コースをつくり、専門試験だけをなくしたのは、理系の学生にも来てもらうよう工夫したのです。公務員の行政職と言えば、文系の学生ばかり集まり、法律や経済の問題が多い専門試験は理系の学生に不利だからです」

   と話した。

   ちなみに(4)の環境コースは、地元に「公立鳥取環境大学」があることも影響しているが、残念ながら2018年度は合格者がいなかった。

   ところで、狙いどおりに「県庁の星」が入って来たかどうかだが――。

   「実際に仕事についてもらうのは今年4月からですが、楽しみにしています」(鳥取県担当者)とのことだった。

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中