2020年 11月 28日 (土)

副業時代、本番 広がるか!?「ギグ・エコノミー」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   政府が2018年を「副業元年」と位置づけ、副業や兼業の推進に舵を切って1年が経過した。民間の人事・人材関連の研究機関の調査によると、企業の正社員の1割以上が副業を行っており、その4割以上の副業開始のタイミングが「1年以内」で、兼業化が加速していることがわかった。

   その一方で、副業している人のうち、少なくない人が「過重労働」を感じていることも判明した。

  • 休日の副業にデリバリーをする人増えているという
    休日の副業にデリバリーをする人増えているという
  • 休日の副業にデリバリーをする人増えているという

政府の後押しで加速

   調査したのは、総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク、パーソル総合研究所(東京都港区)。従業員10人以上の企業に勤務する、20~59歳の男女正社員1万3958人を対象に、2018年10月26日から30日にインターネットでアンケートを実施した。

kaisha_20190215183212.jpg

   調査によると、正社員で現在、副業している人は10.9%。調査当時には行っていなかったが、始めたいと思っている人は41.0%おり、同研究所では「今後さらに増加していく可能性示唆している」と指摘している。

kaisha_20190215183236.jpg

   副業をしている人に、いつから始めたかを聞いたところ、開始のタイミングが1年以内だった人の割合が41.3%となり、そのうち「6か月~1年前から」は21.9%を占めた。このことから、政府の「後押し」がきっかけとなったことがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中