2020年 12月 6日 (日)

記事からそのまま株が買える「FROGGY」 SMBC日興証券が開発

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日々のニュース記事を読みながら株式投資ができる、日本で初めての投資サービス「FROGGY(フロッギー)」が2019年2月15日に登場。個人投資家、なかでも初心者の注目を集めている。

   SMBC日興証券が開発。投資とお金をテーマに提供してきた情報メディア「FROGGY」に、500円から株を売買できる「個別株の取引機能」を備え、情報メディアと株取引のツールを一体化した。

  • 記事からそのまま株が買える「FROGGY」
    記事からそのまま株が買える「FROGGY」
  • 記事からそのまま株が買える「FROGGY」

「500円」からのお手軽カンタン株式投資

   SMBC日興証券の「FROGGY」は、「記事から企業と出会って、そのまま株が買える」という新しい株式投資のスタイルを提案している。

   さまざまな切り口で企業が紹介される記事から、「気になる銘柄との出会い」「学びながら」「そのまま株を売買する」という投資プロセスを実現。記事で企業が紹介されると、「株価グラフ」と「売買ボタン」、「銘柄詳細ボタン」が表示される仕組みで、売買ボタンを押すとそのまま注文画面に進み、また銘柄詳細ボタンを押すと現在の株価や投資指標などの企業の詳細なデータを確認することができる。記事はすべて無料で閲覧できる。

   買える銘柄は、東京証券取引所に上場する約3700社。これらの銘柄を、「500円」(500円単位)から買える手軽さが、評判を呼んでいる。

   さらに、単元株単位の取引体系を刷新。取引手数料は大手証券会社では初めての、100万円以下の買いのコストを「ゼロ」に。「あらゆる人が株式投資の一歩を踏み出すことを応援する」(SMBC日興証券)取引体系とした。

   投資未経験者から億超え投資家の声を取り入れてデザインした「シンプルでわかりやすい画面設計」で、操作もカンタンだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中