2019年 3月 26日 (火)

狭いレンジ相場で動けず じっくり臨む慶大、取引手法を変えて挑んだ國學大(FX大学対抗戦)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ドル円は2019年2月18日に一時1ドル=110円42銭をつけたが、狭いレンジでの推移。19日、日本銀行の黒田東彦総裁が衆院財務金融委員会で、米国経済の不透感から「2%の物価目標達成のためであれば、追加緩和も検討する」と発言したことで円売りが強まり110円台後半まで上昇した。

   注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(1月29~30日開催分)はハト派な内容だったものの、市場は織り込み済み。買い戻しはあったが、軟調だった。21日は米中通商協議の進展期待から110 円台半ばで下げ止まる展開だった。

   狭いレンジ相場の中で、早稲田大学はポジションを維持しながら、来週の米中通商協議や米朝会談といったビッグイベントを待ち、利益確定のタイミングを探る。明治大学はしっかりとプラスを確保。慶応義塾大学はややマイナスとなったものの、強気で臨む。一橋大学は、恐る恐る1ドル=110円732銭で「買い」を入れた。國學院大学は取引手法を変えて挑んだが、冴えなかった。

  • 明治大学が着々!
    明治大学が着々!

ビッグイベント目白押しでポジション保有(早稲田大)

2月21日(木)

    1ドル=110円台でだいぶ安定してきたと思う。あの一夜の暴落からかなりドル円は回復してきたものだ。今週は1ドル111円には届かなかったものの、このままのドルの上昇基調が続いていけば、来週には111円台に乗せてくるだろうと感じた。

   そんなわけで、この日1ドル=110.76円でロングエントリー。損切りラインは110.60円としておきたいところだが、今時刻20時30分、このまま横バイが続けば明日にポジションを持ち越すかどうか考えなくてはならなくなる。

   まあ、大きな下落の兆しがない限り持ち越すつもりである。

2月22日(金)

   きのうから持ち越したロングポジションだが、けさ5時ごろにドル円相場を確認した時は昨夜とほとんど変わらず1ドル=109.7円ほどだった。

   負けている時こそ堅実にと思い、通貨数も引き下げていたので特に精神的なプレッシャーも感じずに済んだ気がする。きょうはサークル活動があるため、チャートを頻繁に確認できないので一応1ドル=111円台直前での反発を予想して109.95円で指値を出しておいていた。

   帰宅後、指値は通っていなかったものの、少々ドル高に振れて1ドル=110.86円ほどにあった。きょういっぱい様子見をしていきたいところだ。

   月末には第2回米朝首脳会合というビッグイベントが控えており、為替相場がどう反応するか今から楽しみだ。

   今週のトレードは比較的動きが少なかった。というのも、ドル円は長くレンジ状態を保ち取引がしづらいからである。またドルを1000通貨単位で売り。来週の取引に備えている。来週には米中貿易交渉、パウエルFRB議長の議会証言、米朝会談があり、ドルが安くなると考えた。希望としては1ドル110円を割ってほしいため、110円より少し上に利益確定ラインを設定し、ポジションを保有し続けている。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
2月22日現在         8211円

現在4位も、巻き返しのチャンス!(明治大)

2月18日(月)

   1ドル111円から少し下がったので1ドル110.507円で、ロングでポジションを持った。

2月20日(水)

   1ドル111円になかなか上がらないので、とりあえず1ドル110.740円で決済。

   前週の方針どおり1ドル111円台から下がったところで買ったが、思っていたほど上がらず。今週は1ドル111円まで上がることはなかったが、方針を変えるまでではないので、来週も前週の方針どおり「買い」志向でいく。

   レジスタンスライン(抵抗線。多くの市場参加者が、これ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のこと)は直近で反発した1ドル111.127円の位置で引き。サポートライン(支持線。多くの市場参加者が、これ以上相場が下落しないという認識をもちやすい価格帯のこと)は変わらず、1ドル110.5円に引けるのでサポートライン付近で「買い」、レジスタンスラインで「売る」動きをしたいが、動きを変えるような重要人物の発言に注意したい。

   この辺で現在の順位を確認したい。しばらくは國學院大学に次ぐ2位につけていたが、慶應大学、一橋大学も取引に慣れてきたのか、慶應大学とは約700円差、一橋大学とは約200円差で現在4位である。

   前週の記事で慶應大学がテクニカルからファンダメンタルにスタイルを移すと言っていたので、ここは巻き返しのチャンスと考えた。2月中に順位をひっくり返したいと思う。

   今週は251円のプラス。

前週からの損益 プラス251円
2月22日現在  1万1991円

「自信があった」損切りせずに保有を維持(慶應大)

2月18日(月)

   この日は取引を見送った。

2月19日(火)

   1ドル110.610円で、1000通貨単位を売った。

2月20日(水)

   一時はマイナスが170円を上回るが、自信があったので損切りせずにポジションを保った。

2月21日(木)

   ポジションを維持した。

2月22日(金)

   来週まで「買い」を行わないことを決め、取引を終えた。この時点でマイナスは65.05円だった。

前週からの損益 マイナス65.05円
2月22日現在    1万2341.6円

少し怖いが有言実行 1ドル=110.732円で買い(一橋大)

2月18日(月)

   きょうは落ち着いた値動きとなった。今週の争点は、各国中央銀行の政策会合レポートが公表されること。特に米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録に注目! といったところか。

2月19日(火)

   前日に引き続き、緩やかな上昇傾向が続いている。おそらく米株式市場のNYダウ平均株価が、ここ最近好調であることと噛み合っているのだろう。今週の取引は木曜朝の議事録公表を待って、それでも値動き好調なようであれば買いを入れようかと思う。

2月21日(木)

   けさ発表されたFOMCの議事録は、マーケットに大きなサプライズを与えるものではなかったようだ。世界経済の縮小を懸念しているということ、それに伴って今年(2019年)の利上げの見通しが立っていないことなど、多少弱気ながらも利上げが必ずしもないわけではないといったようす。

   1時間足のチャートでみると18日(月)、19日(火)と比べて、ローソク一本一本が長く、動きが荒い。少し怖いが、ここは有言実行。1ドル=110.732円で買い。

2月22日(金)

   いつも参考にしているプラス・マイナス0.5円付近まではいかず、きのう買った分は来週へ持ち越し。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
2月22日現在      1万1976円

今週はスキャルピングで取引(國學院大)

2月18日(月)

   1ドル110.59円で買い。110.55円で損切り。40円のマイナス。

2月19日(火)

   1ドル110.55円で売り。110.63円で損切り。80円のマイナス。
1ドル110.53円で売り。110.52円で利益を確定。10円のプラス。
1ドル110.73円で買い。110.74円で利益確定。10円のプラス。
1ドル110.59円で売り。110.69円で損切り。100円のマイナス。
1ドル110.69円で買い。110.62円で損切り。70円のマイナス。
1ドル110.61円で売り。110.58円で利益確定。30円のプラス。
1ドル110.56円で売り。110.66円で損切り。100円のマイナス。

2月20日(水)

   1ドル110.73円で売り。110.70円で利益確定。30円のプラス。

2月22日(金)

   1ドル110.69円で売り。110.66円で利益確定。30円のプラス。

   今週はレンジ相場に悩まされる展開となりました。ふだんはデイトレですが、今週はスキャルピングで取引してみました。利益確定が早まり、損切りが遅くなってしまいました。

   自分のルールを守った取引を心がけたいと思います。

前週からの損益  マイナス280円
2月22日現在     3万590円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中