2019年 10月 19日 (土)

業況「悪化」、ファストフードなど12分野 2019年度の業界天気図

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   激化する米中貿易摩擦、2019年10月に予定される消費増税などを受け、日本経済の雲行きは怪しくなっていきそうだ。

   帝国データバンクが各業界・分野の業況の変化を天気で表す「『業界天気図』動向調査」を3月8日に発表。2019年度に天気の「悪化」が見込まれる分野は「家電製造」、「ファストフード・カフェ」など12分野にのぼり、「改善」が見込まれる分野の数を3年ぶりに上回った。

  • 業況の「悪化」予測は12分野に及ぶ
    業況の「悪化」予測は12分野に及ぶ

「悪化」が「改善」を上回る

   業界天気図は、企業実績や各種統計データなどをもとに、各業界・分野の業況展望を「快晴」「晴れ」「薄日」「曇り」「小雨」「雨」「雷雨」の7段階に分類した。

   2019年度の天気予測では「曇り」が最多の69分野を占め、快晴、晴れ、薄日を合わせた「晴天」は前年度から4分野減って86分野となった。

「晴天」は2018年度から4分野減に
「晴天」は2018年度から4分野減に

   2018年度から、19年度に天気の「改善」が見込まれるのは8分野で、集計比較が可能な1999年度以降最少となった。一方で、「悪化」が予測されるのは12分野で、3年ぶりに「改善」の数を上回った。

2019年度は天気の「悪化」が「改善」を上回る
2019年度は天気の「悪化」が「改善」を上回る
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中