2019年 12月 13日 (金)

【企業分析バトル】配当落ちで買い 「オーウイル」 猛暑期待! アイスクリーム売上げ増狙う(明治大)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新年度を迎え、進級や就職を控えている学生は忙しく大変な時季だが、株取引をしている身としては、初めての配当に期待で胸がいっぱいになっているこの頃である。

   2019年2月末から3月にかけては米朝会議や米中会議があり、株式相場が乱高下して銘柄を選ぶのが難航した。しかし3月は配当があるため、それに伴う値下がりが予測できる。そこで、今回は配当後に値下がりするであろう銘柄で、その中でも夏に向けて伸びそうなアイスクリームに関連する「オーウイル」を選んだ。

  • 猛暑になれば、アイスクリームが売れる!(写真は、イメージ)
    猛暑になれば、アイスクリームが売れる!(写真は、イメージ)

大きな値下がりが期待できる

【オーウイル(3143)】
2019年3月25日 1株当たり1192円で300株を購入
年初来高値 2019年1月21日       1372円
年初来安値 2019年1月4日        952円
2019年3月29日終値           1138円

   オーウイルは、食品や飲料原料の輸出入やアイスクリームなどの製造、販売している会社で、従業員数や資本金などをとっても、中小企業に区分される会社である。前回までは大手の企業を選ぶことが多かったのに、なぜ今回は中小企業を選んだかというと理由は二つある。

1. 配当利回りが大きい
2. 事業の拡大が予測される

   今回は、ふだん注目している自己資本比率やROE(自己資本利益率)を重視していないのは、この二つの理由で、今後十分にの株価の上昇が見込めるからである。

   では、この二つの理由を掘り下げていく。

   まずは、「配当利回りが大きい」ことだが、前述したように3月に配当があり、それを目当てに株を購入する投資家がいる。しかし、配当の権利が確定した後は値下がりすることが多い。

   また、食品企業のチャートを見たところ、配当利回りが大きいほど値下がりしているところが多かった。オーウイルの配当利回りは約3%で、前回取り上げた「大冷」が1.6%。比べると、利回りがたいへん大きいことがわかる。

   これほど、大きい利回りの企業なら株価も下がることが予測される。そのため、株価が低くなったところを購入できるという利点にもつながる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中