2019年 6月 17日 (月)

【10連休は本を読む】今治タオルV字回復、佐藤可士和さんが挑む「未踏領域」(気になるビジネス本)

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   クリエイティブディレクターでグラフィックデザイナーの佐藤可士和さんは、「ユニクロ」「楽天」「セブン-イレブン」のブランディングを指揮。瀕死の状態だった「今治タオル」ブランドを、V字回復に導いた。その手法や手腕への評価は高まり、活躍の場はいまでは、幼稚園や大学、病院など社会施設にも広がっている。

『世界が変わる「視点」の見つけ方 未踏領域のデザイン戦略』(佐藤可士和著)集英社
  • 「未踏領域のデザイン戦略」が開講されている慶應義塾大学SFC
    「未踏領域のデザイン戦略」が開講されている慶應義塾大学SFC

「神さまみたいな存在」と村井純教授が招聘

   美大でグラフィックデザインを学び、大手広告代理店でアートディレクターとして活躍、デザインの世界を「トータルディレクション」に高め、その方法論を究めようと独立した可士和さん(本書では、そう呼ばれることが多い)。その先進性に、慶應義塾大学教授で「日本のインターネットの父」ともいわれる村井純さんは「神」を見たといい、可士和さんに特別招聘教授として慶大での授業担当を依頼し実現したのが、本書のサブタイトルになっている「未踏領域のデザイン戦略」という講座だ。

   「未踏領域のデザイン戦略」は、2012年に慶應大湘南藤沢キャンパス(SFC)で開講。24人の履修募集に対して、毎回100人以上の応募があるため選抜試験が行われる。授業は毎年6~7月に週1日、1回に2コマを使って7週間でフィニッシュとなる集中講義だ。本書「世界が変わる『視点』の見つけ方 未踏領域のデザイン戦略」は、その人気授業を書籍化したもの。加えて、デザインについての新しいとらえ方を論じたパートが設けられている。

   授業では24人の学生を6人ずつの4チームに分け、共通のテーマについて、それぞれ課題を設定し、デザインの力で何ができるかディスカッションを重ね、7週目の授業で最終発表を行う。

今治タオルをV字回復に導いた
今治タオルをV字回復に導いた

   「未踏領域のデザイン戦略」というタイトルは、村井教授によるネーミング。本書の「巻頭言」で、村井教授は、かねてよりコミュニケーションのなかでの「デザインの可能性」に関心を寄せていたが、社会的にはそれほど意識されていないことが気になっていた。そこで、デザイナーがまだ意識して取り組んでいない対象を「未踏領域」と名付け「それを大学の授業で挑戦したら、おもしろいのではないかと発想した」という。

   可士和さんを講師に据えたのには、こういうわけがある。「可士和さんは、時代を代表する広告キャンペーンやブランディングを数えきれないほど手がけておられる。そのアプローチは革新的、本質的で、デザインだけでなく、たぐいまれなビジネスセンスをもって、『デザイン』と『社会』をブリッジさせている。私にとってはクリエイティブ界の神さまみたいな存在」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中