2019年 6月 19日 (水)

「It's a Boy!」に「いいね!」が殺到 英国ロイヤルベビー誕生に「ゾクゾク」する人たち(井津川倫子)

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

男児誕生は「thrill」なこと!?

   「型破り」と言えば、ハリー王子は出産に立ち会ったと、報道されています。直後に公開されたインタビュー映像では、興奮で顔を赤らめながら喜びを抑えきれないハリー王子の姿が映し出されました。

   インタビュアーが「ずっと笑いが止まらないですね」と思わず口走ってしまったほど、終始笑顔のハリー王子。子どもと奥さんへの愛情を熱く語る姿に、好感度は一気に上がったのではないでしょうか。

   それでは、「今週のニュースな英語」は各国のセレブから寄せられた、お祝いメッセージから。「祝福や喜びの気持ち」を表す英語を学びましょう。日常生活でも使える表現ですから、覚えておくと便利です。

   まずは、ハリー王子のことばから「喜びの気持ちを伝える」表現です。

Absolutely thrilled!
(心から、ワクワクしている!)
absolutely:とても、絶対的に、無条件に
thrilled:ワクワクする、興奮する

   「thrill」(スリル)は、「ワクワクする」「ゾクゾクする」という意味。ミシェル・オバマ前米大統領夫人は、お祝いのメッセージに「thrill」を使っていました。

Congratulations, Meghan and Harry! Barack and I are so thrilled for both of you
(メーガンとハリーおめでとう! バラクと私は、お二人にとてもワクワクしている!)

   もっと簡単に、「I am thrilled!」(ワクワクしている!)でうれしい気持ちを伝えることができます。日本語の「スリルを感じる」とはちょっと違うニュアンスかもしれませんが、喜びやお祝いの場面で使える便利な単語です。覚えておきましょう。

   出産前の避難の嵐がうそのように、お祝いムードにわく「型破り」なロイヤルベビー誕生。インタビュー映像を観る限り、ハリー王子は「お騒がせ王子」を返上して、すっかり良きパパになりそうです。今後しばらくは、ロイヤルベビーをめぐって世界中に「ゾクゾクする」人たちが続出しそうです。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中