2019年 12月 16日 (月)

やっぱり連休明けの「仕事はつらい」 8割以上が実感

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「令和」最初のゴールデンウイークが終わり、日常生活が戻ってきた。そうしたなか、「3日間以上の連休明けの仕事がつらい」と感じている人が8割にのぼることがわかった。人材総合サービスのスタッフサービス・ホールディングス(HD)が、働く人の休み明けに関する本音を調べ、2019年5月7日に発表した。

   今回の10連休で、楽しい休み中の感覚が抜けきらない人が少なくないかもしれないし、休み明けの溜まった仕事の山にうんざりという人もまた多いようだ。

  • 10連休はゆっくり休めましたか?
    10連休はゆっくり休めましたか?

連休は退職や転職を考えるきっかけ

   調査によると、「3日間以上の連休明け、仕事がつらいと感じる人」は、「そう感じる」「どちらかというとそう感じる」を合わせると、83.6%にのぼった。また、どのタイミングで感じるかを聞いたところ、もっとも多かったのが「朝起きた瞬間」(66.0%)だった。

   さらに、「3日以上の連休明けに退職、転職したいと思ったことがあるか」については、「何度もある」「何度かある」を合わせると42.8%で、4割超の人が「ある」と答えていた。連休が退職や転職を考えるきっかけになっている様子がうかがえる。

   一方、少数派である「休み明けの仕事をつらいと感じない人」(16.4%)を対象に、つらさを軽減する対策について聞いたところ、

「生活リズムをできるだけ維持する」(広島県、37歳男性)
「明日会社でやる作業を寝る前に思い出してみる」(埼玉県、30代男性)
「休みの間は仕事のことを考えない」(埼玉県、39歳女性)

   といった意見があがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中