2019年 6月 19日 (水)

【新連載】Suicaに仮想通貨をチャージ! 使ってメリットを感じられるのはこんな人(ひろぴー)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

スイカへのチャージが仮想通貨を始めるキッカケになるワケ

   仮想通貨取引の未経験者でスイカを使っている人のうち、このサービスのリリースを機に仮想通貨を始めたほうがよい理由を、前出の2つのケースで解説します。

(1)仮想通貨に興味があるが、価格下落やハッキングが心配で躊躇している人

   まず前提として、取引所にお金を預けたからといって無理して仮想通貨を買う必要はありません。とりあえず、預けておき価格が上がりそうな時や送金したい時に仮想通貨を買えば良いからです。もし預けたままの状態が続くようであれば、スイカにチャージして使ってしまえば無駄になりません。

   また、ハッキングやトラブルなどにより仮想通貨や預金が返還されないリスクは、現状ほぼないと言ってよいでしょう。

   金融庁による仮想通貨交換業者への登録審査基準が、これまでの不祥事を受け消費者保護に関してもより厳しくなったためです。

   仮に現行の仕組みのまま、取引所にある仮想通貨の資金をスイカにチャージする場合は、次の手順を踏む必要があります。

  1. 取引所にある仮想通貨を円と交換する
  2. 円を取引所から銀行へ出金する
  3. 銀行やコンビニで現金を引き出す
  4. 駅やコンビニのATMでチャージする

   しかもこの場合、仮想通貨を円に換えた際の取引手数料に加えて、2回分の出金手数料(振替手数料と引き出し手数料)が発生してしまいます。たとえば、bitbankと三井住友銀行を利用したとします。

   円に転換した仮想通貨の0.15%程度にあたる取引手数料(取引方法により異なります)のほか、仮想通貨取引所から銀行口座に振り替える際にかかる手数料が540円(bitbankの規定によります)。さらに、ATMから現金を引き出す際にかかる引き出し手数料が108円(休日や時間帯によって異なります)。合計で648円程度にもなるのです。

   しかし、ディーカレットのサービスであれば、このような面倒な手順を一つも踏まずに、ディーカレットにある仮想通貨を直接スイカにチャージができるようになります。

   また、これは未経験者に限らず、取引所に仮想通貨を放置したままの人にとっても大きなメリットとなることでしょう。

   なお、ディーカレットを利用して、仮想通貨をスイカにチャージする場合の手数料は、現在はまだ発表されていません。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨
中井 剛(なかい・ごう)
CXRのライター兼編集者。
FX・仮想通貨関連企業で、メディア運営、新規サービス立上げ、広告運用、バイヤー業務を手がける。
ストーンシステムでは仮想通貨ウォレットの営業、仮想通貨取引所のWebライティング、SES(システムエンジニアリングサービス)を担う。その後アラン・プロダクツにライターとして参画。仮想通貨メディアでライティングスキルを磨き、現在はCXRの仮想通貨メディア「ひろぴーのビットコインFX」の編集と運営を手掛ける。
・CXR:https://www.cxr-inc.com/
・ひろぴーのビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中