2019年 6月 18日 (火)

社内コミュニケーション 「同じ職場だから」では許されない、アプローチの仕方に「秘策」あり!(高城幸司)

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   過去の著作「仕事の9割は世間話」では、お客様や取引先、発注先といった「社外」の人とのコミュニケーションにおいて、人間関係が構築できていない時には「仲良くなるために、まずは雑談をしましょう」と書かせていただきました。

   では、社内ではどうでしょう――。たとえば、同じ職場の同僚と部下だったり、同じ職場だけど部署の違う人同士だったり、コミュニケーションをとる際に、「結論から話してほしい」とか、「本題から入ろう」「数字だけ教えてくれる?」といった本質的な回答をストレートに求められることがあります。

   しかし、社内においても社外と同じように「アイスブレイク」(初対面の人同士が緊張を解き、リラックスしてもらうための手法。集まった人を和ませてコミュニケーションをとりやすい雰囲気をつくること)が必要なのではないでしょうか。

  • 職場でのコミュニケーション、ついついメールで……
    職場でのコミュニケーション、ついついメールで……

物事、結論の前には必ず背景がある

   同じ職場で一緒にいる時間が長いからといって、相手のことをよくわかっていると思うのは大間違いです。単に、同じ空間にいるだけの間柄と割り切ったほうがいいでしょう。

   実際、私が取材したゲーム系会社のクリエーターたちは、隣同士で座っていても「おはよう」の挨拶すら交わしていませんでした。

   出社したら自分の席にサッと座り、パソコンの電源をつけて、自分の仕事をチャッチャと済ませて帰ってしまう。隣の人に声を掛けようにも、相手も集中して作業をしているし、イヤフォンをつけているケースもあります。

   つまり、「声をかけない」というのも配慮のうちなのです。用があれば、相手がすぐ隣にいようともメールで済ませるという人も、今では多いと思います。

   このように現代では、同じ会社だからといって、お互いに円滑なコミュニケーションができるとは限らない状況がよく見られるようになってきました。

   そんな中で、いきなり本題から入って得することは何もないと思います。

   物事というのは結論の前に必ず背景があり、お互いが納得して前に進んでいくものです。そこでいきなり相手に「イエス」か「ノー」かを選択させる、コミュニケーションの手法でいえば「クローズド・クエスチョン(回答を限定した質問)」を突きつけるとどうなるか――。

   一番怖いのは「本当はそう思っていないのに『イエス』と言わされた」、あるいは「上手に話せない状況を作らされて、本質的なことを話せなかった」などと、相手に不快な思いをさせてしまうことです。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中