2019年 10月 23日 (水)

1000万円プレイヤーと平均年収のヒト、「五月病」になりにくいのはどっちだ!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ゴールデンウイークが明けたというのに、「なんだか働く気になれない」「やる気が出ない」なんていうビジネスパーソンは少なくないのではないか。なかには、「もしかしたら、五月病かも」と思っている人も......。

   じつは、五月病の感じ方には年収の多少で差があることが、人材サービスを手がけるパーソナルキャリアの調べでわかった。2019年5月9日に発表した。

  • なんかモヤモヤしている人、少なくないかも……
    なんかモヤモヤしている人、少なくないかも……

年収1000万円プレイヤーは4人に1人

 

   調査は、会社勤める年収1000~1100万円未満(1000万円プレイヤー)と、日本の平均年収である400~500万円未満(平均クラス)を比べた。それによると、「これまでに自分が五月病だと感じたことがあるかどうか」を聞いたところ、「ある」と答えた1000万円プレイヤーは24.3%で、4人に1人にも満たなかった。

   一方、平均年収クラスの人は33.5%と、およそ3人に1人が五月病と感じたことが「ある」と答えた。年収1000万円プレイヤーのほうが、五月病になりにくいのかもしれない。

   五月病と感じたことが「ある」と答えた人に、その原因を聞くと、年収の多少にかかわらず、どちらも「仕事の人間関係」という答えがもっとも多かった。

   ただし、1000万円プレイヤーは66.3%で、平均年収クラスが60.5%と、1000万円プレイヤーのほうが6,2ポイント高かった。一方、「給与・報酬」と回答した人は、1000万円プレイヤーが8.9%で、平均年収クラスは17.3%と、その差は8.4ポイントあった。

 

   ストレス解消法を聞くと、トップは両者とも「休養・睡眠」。次いで、1000万円プレイヤーは「スポーツ」が多いのに対して、平均年収クラスは「食べること」や「ショッピング」が突出している。

   ストレスを発散するにしても、1000万円プレイヤーはより健康を意識しているようだ。

「給与と家族」が仕事へのモチベーション

   「仕事へのモチベーション」を聞くと、ともに「給与・報酬」が最多。1000万円プレイヤーが56.4%、平均年腫クラスは66.0%だった。次いで「生活・家族」となったが、1000万円プレイヤーは45.7%、平均年収クラスは30.5%と、15.2ポイントもの差がみられた。給与の高い人ほど、生活や家族を仕事へのやる気につなげているようだ。

   同社のハイクラス人材サービス「iX(アイエックス)」事業責任者の清水宏昭氏は、

「1000万円プレイヤーは管理職の方が多いため、上司や部下などの人間関係がストレスの原因となっていることが読み取れます。その解消法として『スポーツ』が多いのは、エグゼクティブほど運動する傾向がある、と言われる米国と同様のようです。ストレスを感じつつも、それぞれの自己管理方法で高い成果を出し続け、ご家族のために働いているということも、1000万円プレイヤーならではの特徴でしょう」

   と指摘している。

   国税庁によると、給与所得者の平均年収は432万2000円(男性531万5000円、女性287万円)で、ハイクラス人材を象徴する年収1000万円以上の人は、わずか6%程度にすぎない(「2017年分 民間給与実態統計調査」2018年9月公表)。

   なお、調査は2019年2月に東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県に住む会社勤めの男女800人(30~50代で年収1000万円~1100万円未満が400人。20~40代で年収400万円~500万円未満が400人)を対象に、インターネットで実施した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中