2019年 11月 22日 (金)

脱ガラパゴス! キャッシュレス化めぐる覇権争い、有力なのは...... (気になるビジネス本)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2018年末ごろから、キャッシュレス決済の仕組みを売り込む数々のキャンペーンが盛んで、テレビCMもにぎやかだ。

   ゴールデンウイークを過ぎてからはやや控えめになったようだが、夏のボーナス時期に合わせてまたにぎやかになるらしい。日本は世界の中ではキャッシュレス後進国で、それによるムダもバカにできない金額になっている。政府は東京五輪開催などのタイミングを生かして、現金を使わないキャッシュレス決済の推進に力を入れており、それに後押しされて、従来のクレジットカードやIC型プリペイドカードのほか、新たに登場したスマートフォンを使った多様なサービスのあいだで顧客獲得争いが激化。金融系企業やIT各社を巻き込んでの「キャッシュレス覇権戦争」が展開中という。

「キャッシュレス覇権戦争」(岩田昭男著)NHK出版
  • 「QRコード決済」は「百花繚乱」の状態
    「QRコード決済」は「百花繚乱」の状態

ガラパゴス化していた日本

   そのものズバリのタイトルが付けられた「キャッシュレス覇権戦争」は、消費生活ジャーナリストの岩田昭男さんが、キャッシュレス決済の仕組みを試験的に導入した商店会などへも足を運ぶなど、その最前線をルポした。米国で始まったキャッシュレス社会の歴史、急速にキャッシュレス先進国に躍り出た中国の現状などにも触れ、利便性に潜む危険、進む監視社会化の問題にまで筆を伸ばしている。

   都市部ではとくに電車やバスなどの公共交通機関はICカード利用者が増え、大型商業施設や量販店などでは優待付きのクレジットカードの利用を推進しており、ひところよりはキャッシュレス決済が浸透した印象が強い。だが、世界標準からみると日本全体では「キャッシュレス決済の普及はまだまだ進んでおらず、いまだに現金決済の主流の先進国は日本くらい」という。

   引用されている2015年の統計によると、日本のキャッシュレス決済の比率は18.4%。これに対して、韓国89.1%、中国60.0%、米国45.0%などとなっており、これらと比べると確かに日本は低空飛行といえる。日本では偽札がほとんどないなど、強い「現金信仰」をくじく要因もなく、山奥ではない地方都市でもクレジットカードなど使える店が少ないことなどが理由とされる。

   しかし時代が変わり、スマホの機能多様化でキャッシュレス決済を容易にカバーできるようになったことを追い風に、普及を図る機運が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中