2019年 6月 24日 (月)

「雑草魂」で世界ナンバー1投手に!「ハイタッチ男」Ueharaの引退に涙(井津川倫子)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日米で通算134勝を挙げるなどして活躍したプロ野球・巨人の上原浩治投手(44)が、現役引退を表明しました。

   上原投手といえば、ボストン・レッドソックスに在籍していた2013年のワールドシリーズで、勝利投手としてマウンドで喜びを爆発させた姿が印象的です。大阪の無名の高校球児から世界一の投手に。米国ファンの心をつかんだのは「あのパフォーマンス」でした。

  • 上原投手といえば、あのパフォーマンス!(写真はイメージ)
    上原投手といえば、あのパフォーマンス!(写真はイメージ)

Ueharaといえば「high five!」

   大阪・東海大仰星高では控え投手で、まったくの無名選手だった上原投手。浪人して大阪体育大に入学した後も、前巨人監督の高橋由伸氏といった同世代のスター選手に「負けるものか!」という「雑草魂」が原動力になったと語っています。

   上原投手は1998年に巨人に入団。新人王に輝くなど輝かしい成績を収めた後、2008年にフリーエージェント宣言をして、米大リーグのボルチモア・オリオールズへ移籍しました。

   大リーグでは4球団を渡り歩いて活躍した上原投手の引退を、海外メディアも速報で報じました。

2013 Red Sox World Series champion retires.
(2013年レッドソックスワールドシリーズのチャンピオンが引退する)

Uehara hanged up his spikes.
(上原投手がスパイクを置く-引退する)

   「hang up」は、「電話をきる(受話器を置く)」という意味で使われますが、後ろに「spikes(スパイク)」を加えると「スパイクを置く-野球選手が引退する」という意味になります。

   じつは、上原投手の引退を伝える報道では、見慣れない「ある単語」をたくさん目にしました。どうやら上原投手の「代名詞」となっているらしいその単語とは......。

Koji Uehara - the man of high five - has announced his retirement.
(「ハイタッチ男」こと上原浩治投手が引退を表明した)
high five:ハイタッチ

   なるほど、「high five」は五本の指を高く上げることから、「ハイタッチ」を意味するのだそうです。

   米メディアやファンも、「Uehara」といえばチームメートと「ハイタッチ」をする姿を思い浮かべるのでしょう。満面の笑顔で「ハイタッチ」をする上原投手が観られなくなるのはさみしい限りですが、「ハイタッチ男」として世界中の人の記憶に残るのはすばらしいことではないでしょうか。

   ちなみに「雑草魂」で調べたところ、上原投手のことを「雑草魂」「苦労人」などと評している米メディアはありませんでした。アメリカン・ドリームの国で、世界中から雑草たちが集まってくるので、ふつうのことなのかもしれませんね。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中