2021年 6月 24日 (木)

1杯8000円超! 世界で一番高いコーヒーのお味で「ゾッ」としてみる?(井津川倫子)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「パンチ」が効いて「めっちゃ、おいしい」

   それにしても、1杯8000円を超える超高級コーヒーの、そのお味のほどが気になります。じつは、20人ほどのラッキ-なコーヒーファン(やメディア)が「クラッチコーヒー」での「試飲会」に招かれて、ご相伴にあずかったそうです。さて、その感想は......。

It was "very different" from any coffee I'd ever tasted
(これまで味わったどんなコーヒーとも「まったく違う味」だ)

It was shockingly good
(ゾッとするほど、おいしい)
shockingly:ゾッとするほど、恐ろしいほど

It is very smooth, with a good taste and packing a punch
(とてもなめらかで、おいしくって、強烈だ)
pack a punch:パンチが効いた、強烈な

   「ゾッとして強烈な味」っていったいどんな味なのか想像がつきませんが、これまで味わったことのない「全く違った味」であることは確かなようです。

   実際は、「フルーツのような味」らしく、「ミルクや砂糖を入れずにブラックで味わう」のがお作法だそうです。

   では、「今週のニュースな英語」は、世界で一番高いコーヒーを味わった感想の中から「pack a punch」(パンチが効いた、強烈な)を使った表現を紹介します。オフィシャルな場面ではなく、仲間うちで使うといいでしょう。

The Spanish wine packed a punch.
(そのスペインワインはかなり強烈な味だった

Be careful!These hot peppers really pack a punch
(気を付けて。このトウガラシ、すごく辛いから)

This novel packed an emotional punch
(この小説、めちゃくちゃ感動するよ)

   日本語にすると、「メチャクチャ辛い」とか「めっちゃ、おいしい」といったニュアンスがしっくりくる気がします。

   「パンチ」が効いて「めっちゃ、おいしい」らしい最高級コーヒー。これだけ世界中でニュースになれば、「試飲」の20杯を無料で提供してもとっくに元が取れたことでしょう。個人的には、たった20杯で世界中にその名を広めた「クラッチコーヒー」オーナーの戦略に「あっぱれ」を差し上げたいです。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中