2019年 10月 20日 (日)

面接解禁前に内々定が6割超え! 理系学生が猛ダッシュ マイナビ調査

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   来年(2020年)春に卒業する大学生・大学院生を対象にした企業の採用面接が2019年6月1日に解禁されたが、すでに6割以上の大学生らが内々定を受けていることが、マイナビが6月6日に発表した調査でわかった。

   2020年卒予定の学生らの5月末時点の内々定率は、前年同月比(60.3%)より1.5ポイント高い61.8%で、調査を始めた2010年以来最高となった。

  • まだまだ7割の学生が就活中
    まだまだ7割の学生が就活中

内々定者の5割以上が「もっといい会社を探す」

   文理男女別の比較では、文系学生(男子57.8%、女子56.0%)が50%台なのに比べ、理系学生(男子70.2%、女子70.0%)が7割を超え、大きく上回る結果となった。また理系学生のうち、学部生と大学院生で比較すると、学部生65.2%に対し院生は77.6%と、すでに8割近い学生が内々定を獲得していた。

内々定をもらった学生の年度別比較
内々定をもらった学生の年度別比較

   内々定をもらった会社の全体の平均は1.9社で、前年同月と変わらない。また、内々定をもらった人の54.7%が「内々定先に不満なので就職活動を続行する」「不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」と答えており、まだ内々定をもらっていない38.2%も含め、全体の72.0%が就職活動を活発に続けている状態だ。

   調査は、2019年5月25日~31日、2020年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生7375人を対象にインターネットで行なった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中