2021年 9月 18日 (土)

イノベーションが生まれる環境がある 「共創」のためにDeep Thinkが必要だった(パナソニック)

「話しかけないで、と言いづらい」を解決する

井上あきのさんは、「社内が共創の時間と独創の時間を切り替えて仕事をできるようになってほしい」と話す。
井上あきのさんは、「社内が共創の時間と独創の時間を切り替えて仕事をできるようになってほしい」と話す。
井上一鷹
井上 一鷹(いのうえ・かずたか)
JINS MEME事業部 事業統括リーダー/Think Labプロジェクト兼任
慶應義塾大学理工学部を卒業後、戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトルに入社。大手製造業を中心とした事業戦略、技術経営戦略、人事組織戦略の立案に従事した。
2012年に株式会社ジンズ入社。社長室、商品企画グループマネジャー、R&D室マネジャーを経て、現職。集中を計測するデバイス「JINS MEME」のデータをもとに、2017年に「進化し続ける」ワークスペース「Think Lab」のプロジェクトを立ち上げ、一人で深く考える「Deep Think」のための環境、働き方を開発した。
主な著書に「集中力 パフォーマンスを300倍にする働き方」(日本能率協会マネジメントセンター刊)ある。
Think Lab:https://thinklab.jins.com/jp/ja/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック