2019年 6月 17日 (月)

ネット証券初の女性社長の決意 「松本色」からの転換「わたしたちみんなのマネックス」をつくる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2019年4月、国内のインターネット専業証券で、初の女性社長が誕生した。

   マネックス証券の創業者で、カリスマ社長といわれる松本大(おおき)前社長からバトンを受け継いだ、清明祐子(せいめいゆうこ)社長がその人だ。41歳という若さで、インターネット証券大手のトップに就任した、清明社長に今後の展望と抱負を聞いた。

  • マネックス証券の清明祐子社長は「これまで性別や年齢を意識することはなかった」と話す
    マネックス証券の清明祐子社長は「これまで性別や年齢を意識することはなかった」と話す

「次につなげていくのが私の役割」

   ―― 国内のインターネット専業証券で初の女性社長ですが、ご自身では社長就任について、どのようにお考えですか?

清明祐子社長「今年4月に、マネックス証券の社長に就任したことで、多くの報道で取り上げていただきました。『女性で、41歳で』というところで注目いただいたのかなと思っていますが、私自身はこれまで、性別や年齢について、特に意識してこなかったので、話題になったことに驚きました。
とはいえ、この社会に新しい風を吹かせることができるなら、とても光栄なことです。何よりも、いまこのポジションに就いている流れを、次世代にどのように継承していくか、という観点が大切で、私はひとつの通過点として、その一翼を担えればいいと思っています」

   ―― マネックス証券の創業者で前任者の松本大会長から、社長就任の打診を受けたときはどのような状況だったのでしょうか?

清明社長「それがじつは、まったくかしこまった雰囲気ではなかったんです。そもそも、うちの会社には、社長室というものがないんですね。松本と私は、社員と同じフロアで、すぐ近くのデスクで仕事をしていますが、人事を決めるギリギリの今年3月に、会議室の打ち合わせ中に松本から、『(マネックス)証券の社長やってみないか?』と言われました。
私は、マネックスグループ全体の企画責任者でしたので、松本と4月以降の子会社の体制について話していたのですが、その流れの中でした。その時は、とても驚いて、『恐れ多くて無理です』と言いながらも、『一たん持ち帰ります』と。冷静になって、グループの体制や私のポジション、強みや弱みなどを考えると、ここでお引き受けをして、次につなげていくのが私の役割だと思い、お引き受けすることにしました」

   ――全体の組織的な視点に立って、決断されたということなんですね。

清明社長「昨年(2018年)4月に、コインチェック(仮想通貨取引所サービス)がグループ傘下に入ったことで、現在、コインチェック、米国のトレードステーション、マネックス証券の3社が、グループの中核企業になりました。当グループが企業価値を高めるためには、この3社をどのように拡大し、連携していくかという点がとても重要です。私はコインチェックの買収を担当。2018年4月からは米トレードステーションの取締役に就任し、常に『マネックスグループ』という広い観点で見てきました。3社の中でも、マネックス証券の経営は、最重要となるので、ここでぜひ頑張ってみたいと思いました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中