2019年 11月 21日 (木)

問題の根源は「人」としての姿勢や心構え ならばモチベーションUPはこうやれ!(大関暁夫)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

組織における「人」の問題に特効薬なし

   A社長のコンテストの実施しかり、B社長の会議運営方法の変更しかり、C社長の業績評価方法の変更しかり。3人の社長が望んだ「モチベーションの向上」も「自発性の醸成」も「積極的な残業削減姿勢」も、本来社員が社長や上司に対して望んでいる、「変化」や「成長」や「思い」に働きかけられずに失敗したとは言えそうです。

   「人」の問題はしっかり「人」の問題としてとらえ、単にやり方や社内制度を変えるといった「事」として物理的な変化に解決を求めるのではなく、直接社員の気持ちに働きかけて「変化」や「成長」や「思い」へと導いていくことが必要なのです。

   それにも関わらず、多くの経営者は「人」の改善課題を業績進展などと同様に物質的な「事」としての解決策に求め、迷路に入り込んでしまうのです。

   組織における「人」の問題に特効薬はなく、「変化」や「成長」を助け「思い」を育てることに、愚直に注力していく以外にないのです。

   今回の3社長のケースに限らず、「人」の問題を「事」の問題として解決しようとしているケースは実に多いものです。もし、社内になかなか解決に向かわないお悩みがあるようなら、じつは「人」の問題を「事」の問題として解決しょうとしていないか、社員が社長や上司に対して望んでいる「変化」や「成長」や「思い」を醸成する支援が足りていなくはないか、と考えてみることが解決の糸口になるかもしれません。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中