2020年 1月 28日 (火)

天才創業者の後継に注目! 「ジュリー&タッキー」の二頭体制はうまくいくのか?(大関暁夫)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

アイドルの「賞味期限」はジャニー氏も未踏の領域

   マネージャー経験があり、かつ滝沢氏よりも年長者であるジュリー氏が、余計な口出しせずに、ジャニー氏が認めた後継滝沢氏を育成・プロデュースに専念させることができるか否かが、今後のジャニーズ事務所の発展如何には大きく関わってくるように思います。

   もう一つの問題、アイドルビジネス成熟期からの新たな舵取りは、さらなる難題であるかもしれません。「稼ぎ頭」たちが軒並み結成15年を超える現状は、製造業で言うところの製品ライフサイクルを見誤った結果であるとも言えます。

   相次ぐ解散や脱退、活動休止、不祥事の発生は、商品である各グループが「金の成る木」から「負け犬」へ移行したということの証であり、天才がその希に見る才で繋ぎ止めてきた各商品ライフサイクルの終焉に向かう進行は、もはや止められない状況になっていくことでしょう。

   すなわち、適正な商品としてのアイドルグループのライフサイクル再定義と、それに従った適切な旧グループの幕引きと新グループの市場投入という流れを、いかに作り上げていくのか。その点はジャニー氏も未踏の領域であり、後継体制づくりなど問題にならないほど、時間と労力を要する大きな課題となるでしょう。

   これがうまくいかなければ、ジャニーズ事務所は天才の逝去とともに徐々に消え去る運命にあるかもしれません。後継社長となるジュリー喜多川氏には、天才創業者の跡を継ぐということは、業界を問わず企業経営にとって「最大の難問」であるということを肝に銘じた経営姿勢が求められることだけは確かです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中