2020年 9月 23日 (水)

「足で稼ぐ営業」はもう古い? 違う!「来てほしい」と言わせる営業人になれ!!(高城幸司)

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

営業人が今、磨くべき「武器」はコレだ!

   おそらく、ネットプロモーションとインサイドセールスを効果的に活用することで、不要になる営業組織もあるかもしれません。ただ、以下のような前提が残る場合には、営業組織は必要と考えます。

   一つめは値引き交渉や提案の見直しなど、臨機応変な対応が求められる商談になる可能性がある場合。

   二つめは個別性が強くコンサルティングが求められる場合。あるいは取引先の人間関係の把握が重要となる場合。

   こう考えると意外とたくさんのケースで営業部門が必要なことがわかります。ただし、残る営業には高度なスキルが求められることになるでしょう。

   たとえば、コンサルティング対応のために取引先を事細かに課題分析することが求められるようになることでしょう。あるいは人間関係を詳細に把握するためにコミュニケーション力を磨くべき。もしも、みなさんが営業の仕事をする(ないしはしたい)ならば、こうしたスキルを学ぶ機会を自らつくってください。

   会社が学びの準備を保証してくれるとは限りません。さらにいえば、同じ職場にロールモデルとなる営業がいない場合もあります。自らがロールモデルになるくらいの覚悟で新たな時代の営業を目指しましょう。(高城幸司)

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中