2019年 8月 21日 (水)

ドル買い進みそうだけど...... 方向感探る早大と一橋大 復帰戦を明大がガッチリ(FX大学対抗戦)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ドル円相場は107円台後半~108円台後半で推移した。トランプ米大統領の利下げへ圧力をかけるような発言や米国金利が低下すると、1ドル=107円台後半を記録。その後、国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しで米国の成長率見通しが上方修正されたことを好感するとドル買いが進み、108円台前半まで伸びた。2019年7月25日には、ユーロ円相場が上昇する動きにドル円も連れ高となり、108円台後半まで上げた。

   方向感がつかめぬドル円相場に、早稲田大学はじっくり見極め。期末試験から解放された明治大学と一橋大学。明治大は復帰戦をプラスで飾る。一橋大は、ここは慌てず相場をにらむ。國學院大学は試験期間に入り、休戦。慶応義塾大学も、試験のため取引を見送った。

  • 明治大学が元気に復帰!
    明治大学が元気に復帰!

投資家は方向感を探りかねている(早稲田大)

7月26日(金)

   今週のドル円相場は全体的にやや上昇ぎみの横バイといったところだろうか。

   米国S&P500種指数が7月24日に史上最高値を記録した。良好な指標材料が出ている中でも、ドル円相場は大きく影響されることなく堅調に推移。一時1ドル=108円割れも起こしたりしたものの、プレイヤーの押し目買いが入り反発。「追い風」状態にあることがわかった。

   結果的に、24日は終値1ドル=108.3円をマークした。米連邦公開市場委員会(FOMC)が来週に控えているため、投資家は方向感を探りかねているように見受けられる。

   25日、ドル円相場は米国の良好な経済指標の発表を受けて急伸。米長期金利の上昇期待も高まり、1ドル=108.75円までドル買いが進んだ。加えて、7月30日、31日に米中通商協議を上海で予定されていることが発表され、市場に急速にリスク回避ムードが広がったことも背景にあると考えられる。

   26日、ドルは高値の1ドル=108.99円を付けたが、この勢いが継続されるかどうかについては疑問が残るところだ。北朝鮮が今週「飛翔体」のようなものを発射したというニュースがあり、このことを米国サイドは不問として対話の姿勢を見せてはいるが、北朝鮮側が歩み寄るとは思えない。

   今後の相場の乱高下を注視していきたい。トレードは見送り。総資産は変わらない。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
7月26日現在        8282円

「買い目線」で行く!(明治大)

   試験期間と就職活動でしばらく取引できなかったが、7月末には米連邦公開市場委員会(FOMC)があるので、カンを取り戻しておきたい。FOMC前は、だいたい動かないレンジ相場になりやすいので、今週のうちにプラスを確保しておきたい。

   まず、取引を休んでいた期間で目立ったことが二つ。7月10日の米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の利下げ示唆で、雇用の好調で上昇していたドルが反落したこと。7月19日、ハト派発言をめぐり動いていること。これらのことから、織り込み済みとはいえ敏感に反応している。

   そして今週だが、ハト発言の否定で反発して上がった今を狙って、買い目線で行く。

7月23日(火)

   下値は1ドル=107.21円、上値は1ドル=108.98円。レジスタンスライン(上値抵抗線。相場がその水準よりも上昇しないと思われる水準のこと)、サポートライン(下値支持線。相場がその水準以上は下落しないと思われる水準のこと)の観点から見てもよさそうなので、1ドル=107.8円で買い。

7月25日(木)

   1ドル=108円を越えたので、一たん1ドル=108.15円で決済する。378円のプラス。

   今週はテストが少し残っているので、ここでやめることにした。

   来週の方針としては、FOMC前のレンジを見越してスワップ狙いの買いでチビチビ稼ぐ方法も試してみようかと思うが、問題はどこで決済するか。その点も来週決めていくとともに空いたブランクを埋めていきたい。

前週からの損益    プラス378円
7月26日現在      2万457円

試験のため、取引を見送りました(慶応義塾大学)

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
7月26日現在         9110円

身動きが取れない状況続くかも......(一橋大)

7月22日(月)

   今週は金曜日(26日)に米国で4~6月期GDP速報値が発表される。月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)への影響も考えられるため、注視していきたいところ。MACDライン(移動平均線を応用したテクニカルチャートで、MACDラインとシグナルラインの2本のラインを用いて相場を読む手法)がシグナルを上抜けしたのが前週末であったが、今週もそのとおりに行くだろうか。

7月23日(火)

   よくよく調べると、明後日7月25日は欧州中央銀行(ECB)理事会が開かれるらしい。ドル円相場に直接的な関係はないと思うが、世界経済の不安定感や米FOMCの判断に関わってくることが想定される。

7月25日(木)

   ECBは利下げなし。内部でもかなり意見が分かれている模様で、利下げというものの判断の難しさを感じた。市場にならって、利下げは当然あるだろうと思っていたが、意外とそうでもないのかも? それとも、一方の米FOMCはやはり確実なのか?

   来週は他にも、日銀金融政策会合や米国の雇用統計の発表があるだけに、ほぼ身動きが取れない状態になりそうだ。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
7月26日現在        1万5547円

期末試験のため、休戦します(國學院大)

   試験期間に入り、取引できませんでした。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
7月26日現在       3万855円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中