2019年 11月 18日 (月)

「ママはなんで働かないの?」中1の娘に言われて大ショックの専業主婦 専門家に聞いた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「ママはなんで働かないの?」。わが子のためによかれと思って専業主婦を続ける女性が、中学1年の娘からこう聞かれて大ショック! こんな投稿が女性向けサイトで話題になっている。

「専業主婦は時代遅れ。娘さんのためにも働く姿を見せないと」
「母親に対するリスペクトのない生意気な娘だ」

などと賛否両論だ。専門家に聞いた。

  • 専業主婦がいけなかったの?
    専業主婦がいけなかったの?

「よそのお母さんはお金があっても働いているよ」

   話題のきっかけになったのは、相談サイト「ヤフー知恵袋」(7月2日付)に載った次の投稿だ。

「50歳専業主婦です。中1の娘から『ママはなんで働かないの?』と聞かれました。『お金に困ってないし、毎日家族を迎える幸せがあるから』と答えると、『友達のお家はお金に困っているように見えないけど、お母さんも働いている。迎えてくれるのはありがたいけど、頼んでいないし。専業主婦で本当にいいの?』と言われました」

そういうのだ。娘は、学校で職業体験の授業があり、疑問を持ったようだ。「先生が何と言ったかわかりませんが、娘にそう言わせた学校に腹が立って仕方ありません」と教師に怒りをぶつける。

「高校卒業後アパレルで働いた経験がありますが、夫のおかげで結婚後ずっと専業主婦に。働いている時よりはるかにストレスもなく、専業主婦ができること、家族を毎日迎えられることに幸せと誇りを感じています。ただ、気になるのは、娘から『私に勉強しろとか、大学に行けとか、〇〇になったらとか言うけど、自分では働いてもいないのに、なんで私にそういうの?』と言われ、落ち込んでいます。今さら働こうと思ってもPCは使えませんし、接客もおっくうです。専業主婦であることがそんなにいけなかったでしょうか?」

と結んでいる。

   この回答に対する「ヤフー知恵袋」のベストアンサーはこうだ。

「あなたの家庭こそ本来あるべき姿だと思います。かつての日本の家庭は、ほとんど父親が働いて母親は専業主婦、夫婦共働きの家庭のほうが少なかったはず。それは、旦那の給料だけで家計は支えられていたし、毎年昇給してボーナスも退職金も出て終身雇用、年金もちゃんと出る社会環境だったからです」
「ところが今は、旦那の給料は安いし、上がらないし、終身雇用は崩壊。夫婦共働きでなければ家計を支えられない家庭がほとんどになりました。あなたの家庭は旦那さんの稼ぎで充分に家計を支えていけるなら、何ら問題はありません。そういう恵まれた家庭に嫉妬した教師が娘さんに嫌味を言ったのでしょう。こんな事は盛大に教育委員会や学校に抗議して当然だと思いますよ」

と、学校に怒りの矛先を向けなさいとアドバイスする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中