2019年 12月 8日 (日)

「腕がいい」「経験がある」なんて錯覚...... 個人など組織を離れれば「タダ」の人(大関暁夫)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
「会社の見てくれなんてどうでもいいじゃないか。仮に見てくれが悪かろうと、うちの技術力を理解して取引をしてくれる会社はたくさんあるはずだ。そんな会社の見てくれで判断するような相手は、こちらから願い下げです」

   長年大手メーカーの技術畑で働き、会社名義での多くの特許取得にも貢献してきたHさん。私の古くからの知り合いです。仕事をする中で温めてきた自己の発明技術を画期的な工業製品に転用するアイデアを思いつき、1年ほど前に定年を目前に起業し会社を設立しました。

   さらに昨年末、退職金をはたいて家族所有の土地に一見住宅風二階建ての「本社」を造って、現在は日々製品の質向上、バリエーション開発に向けた仕事に打ち込んでいます。

  • 社長、会社は「見た目」も大事です!
    社長、会社は「見た目」も大事です!

「会社は大丈夫ですか?」の真意

   Hさんの発明は、長年の経験と技術力に裏打ちされ実用的で、複数の専門家からの評価も高く大きな可能性を秘めたものです。一方、営業面は昔の業界仲間などシルバーな方々に声をかけて、実質歩合制の契約社員として動いてもらっていますが、どうも芳しくないようです。

   そんな話を聞き、旧知の仲の私もお客さんになってくれる可能性のありそうな会社のY社長を連れてHさんの「本社」を訪れました。

   HさんにY社長を引き会わせ、斬新な技術の中身やHさんが考える今後の製品応用展開などの話を聞いて「本社」を後にし、Y社長と最寄り駅近くの喫茶店でひとしきり話をしました。

   社長は開口一番、こんなことを口にしました。「技術は素晴らしいことはよくわかりましたが、会社として大丈夫ですか?」。私はこの質問の意味が、今ひとつよくわからなかったので、「大丈夫とは、何を指しておっしゃっていますか」と聞き返しました。

   「あの事務所、新築ですよね。なのになぜ住宅仕様なのか。仕事がうまくいかなかったら、自分の自宅に転用しやすいようにということなんじゃないのか。はじめから半分逃げ腰なのじゃないかと勘ぐりたくなりました。来る前に見てきたホームページも、素人のやっつけ仕事っぽかったことも気になっていたので、尚さらなのですが。うちが本気で取引させていただくには、もうしばらく様子を見させていただいた方がよさそうかな、というのが正直なところです」と、社長は至って厳しい感想を話してくれたのです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中