2020年 9月 26日 (土)

【企業分析バトル】TOKYO2020まで1年、スポーツ熱を感じる「ヨネックス」を選ぶ(早稲田大学)

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   2020年の東京五輪・パランピックの開会式まで1年を切り、国内でのスポーツ人気が増してきている。そこで今回の企業分析バトルは、スポーツに関連した銘柄を探すことに決めた。

   スポーツ用品を取り扱う企業は、ランニングシューズのアシックスであったり、野球用品のミズノがあったりとさまざまだが、今回はテニスやバドミントン用品を取り扱う「ヨネックス」に注目した。

  • TOKYO2020まで1年、テニス熱も盛り上がる!(写真はイメージ)
    TOKYO2020まで1年、テニス熱も盛り上がる!(写真はイメージ)
  • TOKYO2020まで1年、テニス熱も盛り上がる!(写真はイメージ)

選んだ理由は「テニスが好きから」

【ヨネックス(7906)】
8月6日終値1株あたり656円で、300株を購入。
年初来高値(2019年1月28日)   780円
年初来安値(2019年8月15日)   523円
8月16日終値            531円

   ヨネックスを選んだ一番の理由は、自分がテニスを好きだからだ。

   ヨネックスは1946年創業。スポーツ用品の製造と販売、およびゴルフ場を運営している企業である。事業内容は非常にわかりやすく、バドミントン用品、テニス用品、ゴルフ用品やウェアの販売がほとんどである。

   売上高を種目別にみると、バトミントン用品が349億円と圧倒的。また、今回の分析でわかったのだが、スポーツ用品事業は主に日本とアジアで展開されており、欧州や北米などの割合は大きくない。

   財務分析を行った。2019年3月期決算では、ROEが4.6%、ROAが3.2%とパッとしない。売上高、営業利益、経常利益、純利益ともに前年3月期決算から少し数字を落としている。

   さらには、中期経営計画の下方修正が痛い。21年3月期の計画が売上高と営業利益で下がっている。中国で流通在庫が滞留し、在庫調整により減収となっていることと、日本国内での少子化によるソフトテニスの競技人口減が原因らしいが、選手契約などの広告宣伝によるブランド力の向上が鍵になりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中