2019年 12月 10日 (火)

セクシー首相はバズり、「英米トランプ」は舌戦 G7サミットの舞台裏を楽しむ(井津川倫子)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「世界で一番セクシーな政治家」で知られるカナダのトルドー首相。フランスの高級リゾート地・ビアリッツで開かれていた主要7か国首脳会議(G7サミット)では、圧倒的な個性を誇るトランプ米大統領や新顔のジョンソン英首相を差し置いて、ネットの話題を独占しました。

   あっという間に世界中に「バズった」トルドー首相の「激写写真」とは......。トップ外交の裏で繰り広げられた「舞台裏」をのぞいてみました。

  • G7で注目されたのは、首脳たちだった!(写真は、フランス・パリ)
    G7で注目されたのは、首脳たちだった!(写真は、フランス・パリ)

誰が見ても「絵になるカップル」に沸く!?

   フランスのビアリッツで開かれていたG7サミットは、恒例となった首脳宣言が見送られるなど、型破りな幕引きとなりました。

   米中貿易摩擦や環境問題をめぐる各国首脳の緊張が伝えられるなか、最も注目を集めたのは意外にもカナダのトルドー首相。ハリウッド俳優ばりのイケメンで知られるトルドー首相の「ある瞬間」を激写した写真が、あっという間に世界中に拡散したのです。

A photo of Canadian prime minister Justin Trudeau and Melania Trump went viral.
(カナダのジャスティン・トルドー首相とメラニアトランプ夫人の写真が拡散した)
go viral:拡散する バズる

Photo of Melania Trump and prime minister Justin Trudeau sets Twitter aflame
set Twitter aflame:ツイッターを沸かす
(メラニアトランプ夫人とトルドー首相の写真が、ツイッターを沸かせている)

   首脳夫人を交えた記念撮影時に、トルドー首相とトランプ米大統領のメラニア夫人が「あいさつのキス」を交わした瞬間を捉えた映像が、「セクシーショット」として世界中に拡散。ツイッターを沸かすほど、話題を独占しました。

   長身のトルドー首相とモデル出身のメラニア夫人は、誰が見ても「絵になるカップル」ですが、「#MelaniaLovesTrudeau」(メラニアはトルドーが好き)というハッシュタグが広がるなど、どちらかというと「メラニア夫人の方が夢中」というトーンが目に付きました。

   なかには、「Melania is ready to risk it all」(メラニアはすべてを危険にさらす覚悟ができている)と、あたかもトランプ大統領を捨てる覚悟があると臆測させるような記事も。義理の娘のイヴァンカ氏もトルドー首相を狙っているなど、センセーショナルにかき立てるメディアもあり、とにかくトルドー首相のモテ男ぶりが強調されたG7サミットでした。

「英米のトランプ」から学ぶ「ひとひねり」した言いまわし

   G7サミットでは、英国の欧州連合(EU)離脱、米中貿易摩擦やアマゾンの熱帯雨林火災、イラン問題など、幅広い話題において各国間の駆け引きが繰り広げられました。なかでも私が感心したのは、「英米のトランプ」こと、トランプ米大統領とジョンソン英首相の応酬です。ひとひねりした言いまわしの一部を拾ってみると......。

   中国との貿易摩擦に関して、矢面に立たされたトランプ米大統領。盟友とされるジョンソン英首相でさえ、こう苦言を呈したそうです。

British Prime Minster Boris Johnson suggested a 「dialing down」 of the tensions with Beijing.
(ボリス・ジョンソン英首相が、北京との緊張を「トーンダウンしたほうがいい」と提言した)
dialing down:トーンダウンする

   なるほど、「トーンダウンしろ」というニュアンスで「dial down」を使うのですね。勉強になりました。

   一方、EU離脱問題では、強硬姿勢を貫いて孤立するジョンソン英首相に対して、トランプ米大統領がエールをおくったと報じられました。

UK is losing the 'anchor round its ankle'
(英国は、足かせがなくなるぞ!)

   EUという「足かせ」を外して、「早く自由の身になれ!」と、離脱をけしかけるトランプ米大統領。それでも、「自由になったあかつきには、米英間で自由に貿易しよう!」という甘い誘いには、ジョンソン英首相はクールに対応したとか。

   表舞台よりもよほど面白く、英語の勉強にもなった、G7サミットの「behind the scenes」(舞台裏)でした。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中