2020年 8月 8日 (土)

【日韓経済戦争】韓国企業が逆襲? 国産化と他国調達が進み「日本外し」が着々 韓国紙から読み解く

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日韓経済戦争が勃発してから2か月。泥沼から抜け出せない膠着状態に入ったが、韓国では日本政府が輸出規制する半導体素材の国産化や他国調達など「日本外し」が着々と進み、効果を上げている。

   また、「日本政府は本気で韓国企業をつぶしにかかってはいない」という読みも広がっている。このままではむしろ、輸出をストップさせられた日本の企業のほうがダメージを受けるかもしれない。いったいどういうことか。韓国紙から読み解くと―-。

  • 文在寅大統領
    文在寅大統領
  • 文在寅大統領

100%日本依存の素材国産化に続々と成功

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、2019年8月30日付「【日韓経済戦争】『打倒日本!』に強力な助っ人 半導体素材国産化に成功した韓国核融合研の実力は?」で、韓国では日本の輸出規制の標的にされた半導体素材を中心に「国産化」の動きが高まるなか、韓国核融合研究所が日本に100%依存してきた半導体素材の開発に成功したと報道した。

   その後も「国産化に成功した」というニュースが続々と飛び込んでいる。中央日報(2019年9月2日付)「日本から輸入していた『高純度フッ化水素』、LGディスプレーが国産化に成功」はこう伝えている。

「韓国のパネルメーカー大手LGディスプレーが、日本から輸入してきた『高純度フッ化水素』の国産品代替に成功した。LGディスプレーは国内のある企業が供給したフッ化水素安定性テスト過程を終えて今月(9月)中に生産工程に適用する予定だ」

   フッ化水素は半導体やディスプレー洗浄工程に必要な重要素材だ。日本は7月4日、韓国に対する輸出規制強化を発表して「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「フォトレジスト」の3品目を規制対象に指定していた。

   ただ、国産品代替に成功したといっても、問題が解決したわけではもちろんない。この国産フッ化水素は生産量が充分ではないため、当分は日本産輸入と併行する方針だ。

   その日本産がいつ入ってくるのかは、日本政府の審査次第なのだ。そして、フッ化水素の国産化に成功したのは、LGディスプレーだけではない。サムスン電子グループのサムスンディスプレーも9月中に国産化テストを終わらせるという。

   中央日報(9月2日付)「サムスン・SK、2か月ぶりに半導体材料供給安定...年内『克日』可視化」がこう伝える。

「サムスン電子用の国産フッ化水素の試作品が、今月(9月)内に登場する。韓国企業ソルブレインは今月内にDRAM・NAND型フラッシュメモリー工程に使われる高純度フッ化水素の試作品を量産する計画だ。日本企業に劣らない『ファイブナイン』(99.999%)の高純度のフッ化水素液状形態製品だ。中国産の原料(無水フッ酸)を使って生産した。今月内に工場増設を終えると同時に量産に入る」

   サムスン電子に続く半導体業界2位のSKハイニックスも子会社であるSKマテリアルズを通じ、年末までにフッ化水素の試作品を生産する計画だ。一方、「ファイブナイン」(99.999%)ほどではなく、半導体よりも低純度のフッ化水素を使うディスプレー業界では、これよりも早く日本産材料の代替作業が進んでいる。前述の中央日報が、こう伝える。

「すでにLGディスプレーは液晶(LCD)だけでなく、有機発光ダイオード(OLED)テレビ生産工程で、国産フッ化水素製品を活用して日本製品の代替に成功した。サムスンディスプレーも現在の工程ラインに投じて進行中の国産フッ化水素の一斉テストを今月中に終えるという計画だ」

   どんどん「日本外し」が進んでいるのだ。日本に依存してきた製品の国産化だけでなく、他国からの調達も進んでいる。中央日報が、こう報じている。

「日本が核心材料3品目に対する輸出規制を始めて2か月、韓国企業の供給先多角化と国産化戦略が相当な成果を上げている。サムスン電子やSKハイニックスなどの『脱日本』を通した材料供給が支障なく進行されたことを受け、むしろ日本の素材メーカーの市場での存在感が薄れるだろうとの分析が多く出ている」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中